Anime in my life 1号店 2008年06月

史上最強ナース猫「美少女番組速報」

今夜のあたしは最強よ

いつもやられてばかりの鬼太郎に任せてられないと、「美人」ゾンビに立ち向かうのは久しぶりの大立ち回りに張り切る野宏美さん。無給で御奉仕愛情夜勤なのです。

彼女は制服を身に纏うと大人びたキャリアウーマン。私服に戻ると発育未然形の幼女体形と大豪院邪鬼並みの便利な技で鬼太郎以外の殿方を魅了してくださいます。

巨乳にしか女性の価値を求めない人には地球資源の無駄遣い。本当の贅沢というのは一生捜し求めても手に入らないものを、神の気紛れで巡り会うことを言うのです。


トトロやバスはただ其処に存在するだけですが、は人間の安否を気遣って自分が傷ついても身を挺して貴方を護ってくれる。こんな幸運に感謝せずして何のための人生でしょう。彼女は妖怪と呼ぶには余りに天使。献身慈愛の権化なのですね。


公式ホームページ
http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/kitaro/index.html


FC2 Blog Ranking


TB一覧
http://duplex.blog12.fc2.com/blog-entry-554.html
http://makkuramori2007.blog116.fc2.com/blog-entry-328.html
http://blog.livedoor.jp/fxnhe622_fxhnx801/archives/51240867.html
http://bluewatersoft.cocolog-nifty.com/animecomic/2008/06/64_f_eee6.html
http://iyannaccyau.blog98.fc2.com/blog-entry-166.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rdt17imjp/24158751.html
http://webisuya.blog101.fc2.com/blog-entry-432.html
http://takehara07seisyun.blog98.fc2.com/blog-entry-84.html
http://plaza.rakuten.co.jp/monpuchi/diary/?ctgy=1
http://plaza.rakuten.co.jp/anotherroom373/diary/200806290001/
http://kisuijun.blog6.fc2.com/blog-entry-1636.html
http://kazu392.blog8.fc2.com/blog-entry-2578.html
http://attanarukibun.blog74.fc2.com/blog-category-14.html
http://kazu392.blog8.fc2.com/blog-entry-2605.html#trackback




ローズオニールキューピー×ゲゲゲの鬼太郎/ネコ娘☆スクイーズキュージョンボールチェーンローズオニールキューピー×ゲゲゲの鬼太郎/ネコ娘☆スクイーズキュージョンボールチェーン
()
不明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

初めてなんだから優しくしてね「しゅごキャラ!」

気が多いと気も抜ける


まだ生理も来ていない(たぶん…)女の子に子作りを強要するのは犯罪です。交際の第一歩はラブレターからというのが日本における恋愛の常道でした。

ところが変わり者のには変わり者のが拠ってくるものです。

春宮(とうぐう)妃の出産祝いに訪れた綯鹿の父親にの話題を振ったのは細工仕事の得意な若者でした。
(春宮妃)「按擦使(あぜち)の大納言様、この者は母の弟で細工仕事の天才ですのよ」
(霊音)「霊音鳴人(れおなるど)と申します。若君のお守役を仰せ付かっております。」

若者は得意のの玩具を取り出し羽ばたかせてみせるのでした。それは生きている様に優雅に産屋の中をを翔け周り、一向に落ちる気配を見せません・
(霊音)「コンディションがよければ半刻は飛んでいられます。」
(大納言)「見事なものじゃ。太古の唐土に実物そっくりの鳶を作った名工がいたが、君はそれに優るとも劣らぬな」

(霊音)「春宮妃さまは幼い頃からがお好きだったと聞き及んでおります。確か大納言様は御宅がお隣だったとか」
(春宮妃)「そうそう、お嬢様がもう御成人(裳着)なさっておいでではないのですか?幼い頃お会いしただけだけど、可愛くお成りでしょうね。」
春宮妃の言葉に大納言は決まりの悪いことこの上ない。

(大納言)「いや、お恥ずかしい言ってくださるな。世間では「」などと渾名される不肖の娘でございます。全ては私の教育の及ばぬところ、お妃様とは較べようもございません。毛も蛙も蛾や蜘蛛でさえも手掴みで気後れせぬ鬼っ子でございまして、どこの物好きが嫁に欲しがって呉れ様かと、北の方(正妻)ともども嘆き入ってばかりでございます。」
大納言は冷や汗を拭き拭き恐れ入るのでした。

(春宮妃)「まあ、それはご心配でございますね。近頃は殿方でもは苦手と仰る方が多うございますのに。随分勇敢にお育ちになっていたとは存知あげませんでしたわ。」
(霊音)「とは言いましても、矢張り様は様。何か一つくらいは苦手な生き物がおありなのではないですか?」
(大納言)「敢えて言えば、長)ぐらいでしょうか。姿を見ただけで大騒ぎして寄り付きもいたしません。」
(春宮妃)「まぁ、可愛らしい処があるではございませんか。本当は女の子らしい様なのですわ。」
(霊音)「春宮様はが苦手ですがお妃様には並々ならぬご寵愛でございます。殿様のお姫様にもきっとお似合いの旦那様が名乗り出られるのではございませんか?昔から『忍ぶれど』と歌にもございますし。」
(春宮妃)「そうですわよ。蓼喰う虫も好き好きですわ。」
(霊音)「お妃様。それはフォローになってません。」


そんなやりとりがあった数日後、綯鹿姫に差し出し人知れずの贈り物が届きます。使いの者の曰く「生ものですのでお早めにお召し上がりくださいますようとの口上でございます。」

この時代小包爆弾とか、時限装置、無線誘導などはありませんでしたから、包みを受け取った女房は何の疑いも無く姫様の元へ届けます。
(女房)「もしかしたら、ラブレターかも知れませんわよ」
と、半ば冗談で御前に差し出したのですが、姫様は傍目でも分かるほど動揺してしまいます。

(姫)「ら・ぶ・れ・た・あ???そ、そんな。そんな。何で、私に?厭だわ、何からかってそんな事。そんな事。第一、男の人からだなんて、分かってもいないのに。第一、花や小鳥なんかだったら、私貰っても困るし。私に似合わないでしょ。困る。困るわ、そんなの」
女房はニヤニヤしながら姫様の普段にない様子に少し満足です。

(女房)「誰も『男性から』などと申しておりませんよ。姫様もお年頃なのですから、恋文の一つや二つ貰っていても当たり前なんですけどね。この歳になるまでついぞ音沙汰無しで」
(姫)「人のことはいいから、早く開けて見なさいよ。贈り間違いだったら、本当の贈り主に迷惑くでしょう。」
(女房)「京の何処の大納言様の娘に『虫愛ずる姫君』様が二人もいるもんですか。姫様だけですよ。」
と、ほのぼのと和やいだ空気だったのはここまで。

包みを解いて現れたのは、姫の苦手な長虫だったのです。トグロを巻いて今にも這い出しそうに小刻みに身震いしています。

女房たちの驚くまいことか。悲鳴を挙げて姫の部屋から退散します。
姫はというと、恐怖のあまり凍りつきその場にへたり込んでしまいました。
(姫)「これは何かの間違いだわ。」
と、日頃信心している阿弥陀様に念仏を唱えるのでした。

(姫)「前世では私の親だったかも知れませんものね、どうか娘を噛み殺さないで下さいまし。」
などと震え声で言ってみるのだけれども、蒼ざめたまま生きた心地もしないで懸命に平静を保とうとしているのでした。

遠巻きで様子を伺っていた女房たちは、毛虫や蜘蛛などは慣れている姫君がにだけは取り乱す様子が面白く思えて、怖いながらも興味深々で大騒ぎです。

その騒ぎは本殿の殿様にも聞こえてきたので、一家の父親として放っておくわけにもいかず、おっとり刀でやってきました。

(大納言)「何ということだ、姫が危ないというのに見捨てて逃げ出す女房がいるものか。お前たち普段は姫の相手もしていないのに、こういう時こそ役に立てなくてどうする。」
頼りなく見えても娘の危機に男気を見せてこその父親です。

すぐさま震える姫を抱き上げて包みから遠ざけると、持ってきた太刀の鞘での頭を突付いてみます。
どうも様子が違う。よくよく見れば、そのは作り物で実に精巧に細工された皮革細工でした。

(大納言)「何だ。作り物だよ。綯鹿よく見てごらん。」
(姫)「え?作り物?偽物なの?」
(大納言)「文が付けてあるな。なになに『永く変わらぬ心を持つ私です。這いずりながらもお慕いいたしております』じゃと。結構洒落の分かる御仁と見える。」
父は娘が懸想されたのだと知って大満足。筆跡から中々の教養を持った人物だと推測され、先日の春宮殿の細工上手の若者の仕業だと直感したのでした。

(大納言)「普段からの奇行が男の悪戯心を刺激するんだよ。折角の懸想文なのだから返事を書いておやりなさい。男女の仲の礼儀だからね」
(姫)「え~?」
(大納言)「え~?じゃないよ。こういう時にチャンとしてないと誠実な姫だと思われないよ。洒落には洒落で返す。姫を何処かで見かけて気に入ってくれたんだから。」

カタカナしか書けない綯鹿姫に母親と筆頭女房が付きっ切りで即席コーチ。七転八倒して漸く完成したラブレターの返事を、門前で待っていた使いに手渡して、これから姫と霊音鳴人との交際がはじまるのでした。




公式ホームページ
http://shugo-chara.com/
http://p-pit.net/shugo/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://marinedragon.blog84.fc2.com/blog-entry-1177.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2376.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200806280001/
http://starlightstage.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_2093.html
http://blog.goo.ne.jp/cure-misoji/e/40ebacbf2cba5f645d61b472b38e0397
http://georg.paslog.jp/article/910896.html
http://blogri.jp/euphoria2321/entry/1214660133/
http://blog.goo.ne.jp/ayumie2006/e/9e5e9d39233d673840e8eb169cfc05a3
http://kants.blog52.fc2.com/blog-entry-1270
http://emilion.seesaa.net/article/101710386.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1237
http://animationlog.blog43.fc2.com/blog-entry-582.html
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-276.html
http://aoi63.blog95.fc2.com/blog-entry-4.html
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-1835.html
http://japanimation2008.blog45.fc2.com/blog-entry-250.html
http://sunshiny.blog49.fc2.com/blog-entry-447.html
http://waterywing.blog38.fc2.com/blog-entry-69.html
http://honenuki.blog106.fc2.com/blog-entry-939.html
http://animebiyori.seesaa.net/article/101801950.html
http://suiginntolove.blog17.fc2.com/blog-entry-14.html
http://kiesari.blog43.fc2.com/blog-entry-125.html





しゅごキャラ! 6 (6) (講談社コミックスなかよし)しゅごキャラ! 6 (6) (講談社コミックスなかよし)
(2008/03/19)
PEACH-PIT

商品詳細を見る



続きを読む

テーマ : しゅごキャラ!
ジャンル : アニメ・コミック

バターが無ければマーガリンを塗ればいいのに「仮面のメイドガイ(痴情派)」

チャイナドレスも満州胡服

守るよりも攻める方が容易だし、大富士原の戦略としては敵対勢力を早々と潰していた方が権力が集中して便利なんじゃないか?それとも同族同士の結束の方が対外的に抗争してる上で重要だとでも考えているのかな?

などと理詰めでこのメイドガイの世界を考え始めると矛盾だらけで気が狂ってしまいます。むしろおっぱい勝負で美の娘だけが権力財産を相続できるという家訓にしていれば他のライバルは早々に競争を下りてしまうと思います。

これぞ徳川家康式長男家督の法則ならぬ、巨家督の法則。ということで、なえかが家長に成った暁には以後の大富士原家は18歳における較べが相続の条件ということで無事丸く納まるのではないでしょうか。


今期終了のアニメ番組評価


「紅」
ストーリー      3点(まだプロローグ若しくは番外だから)
キャラクター性    5点(勿論紫ちゃんがお気に入り)
画          5点(背景がCG絵になってないところ)
演出         4点(ミュージカルは苦手)
音楽         4点(演技していないBGMがいい)
総合的な評価     5点(シベールに次ぐバイブルです)


「かのこん」
ストーリー      0点(ストーリーなんて必要なかった)
キャラクター性    3点(学園モノの定番でした)
画          4点(望の肉体描写に高得点)
演出         4点(耕太の性欲も見せて欲しかった)
音楽         2点(エロアニメとして及第点)
総合的な評価     4点(避妊も考慮に入れないと)


仮面メイドガイ」
ストーリー      2点(何でもアリはお手軽過ぎた)
キャラクター性    4点(個性が強すぎてついていけない)
画          4点(なえか以外の首を希望)
演出         3点(グロには弱いのです)
音楽         5点(これで挿入歌があれば神)
総合的な評価     4点(かなり好き嫌いの評価が微妙)


ベストキャラクター賞  九鳳院紫(紅)

ベストOP賞      capriccio~心はいつも曇りのち晴れ~

ベストED賞      ワクガイ(仮面メイドガイ)

ベスト声優賞      悠木 碧(紅)   



公式ホームページ
http://www.maidguy.com/


WEBラジオ
http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_131.html



FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-587.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2348.html
http://wave.ap.teacup.com/amyuzu-aid/1411.html
http://blog.livedoor.jp/onochi/archives/51319565.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-585.html
http://project017.blog121.fc2.com/blog-entry-401.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1029.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-1887.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/51051346.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1148.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51042191.html
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-3366.html
http://itoshikinozomu.blog107.fc2.com/blog-entry-64.html
http://anitetsu.blog91.fc2.com/blog-entry-51.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-1583.html
http://blog.goo.ne.jp/yatamega/e/18c970071f94fda8408bb933520b0477
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/blog-entry-974.html



仮面のメイドガイ オリジナルサウンドトラック仮面のメイドガイ オリジナルサウンドトラック
(2008/06/25)
TVサントラ福山芳樹

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 仮面のメイドガイ
ジャンル : アニメ・コミック

ロリータは世界を救う。「紅(くれない)」

西紀初頭救世主伝説

何がどうなって何の解決があったのだろう?最終話を見ただけでは理解できない視聴者はいませんでしたか?

子供子供していたちゃんが急に老成して操り人形から斎の巫女になった大変身劇。あたかも原初キリスト教を迫害していたサウロがダマスコの奇跡によって聖パウロに転進したような心理変革が彼女の身に起こったのでしょうか?

物事の取り決めに契約は不可欠。という日本以外の民族にとって、この事件の関係者が何の契約も誓約もしないで『話し合いのみ』で納得しているという事実を信じることは出来ないでしょう。

契約を交わしてない?」じゃあ、双方がどんな違約をしようと、卑怯な手を使って約束を反故にしようと、やり放題じゃないか。そんな状態で目出度し目出度しなんて言っているなんて、奴らは大嘘吐きの大ペテン師だ!

という風に思われるのが当たり前。理解不能な大団円だということになってしまいます。

では、当事者とちゃんの名誉のために、彼らにも分かる様、及ばずながら筆者が解説を務めましょう。

日本では一度口にしたことに違背することを最大の罪悪と考えているのです。特に当事者同士が自発的な意思で取り決めたことはどんな犠牲を払ってでも実行する。それが日本社会での信頼の基盤に成っているのです。

奥の院だ血族結婚だといって、そこに成文化した律法や戒律が在るのではなく、お互いの気持ちを踏み躙ってはいけないという約束事を大事にしているだけの結果として、伝統が守られているだけなのです。例外は皇族の皇室典範だけでしょう。

そうであるなら、今回のちゃんの様に「私は否だ!」と宣言してしまえば、誰にも無理強いは出来ません。そこで、新たな『話し合い』が必要になり、関係者一同が鳩首凝議した結果が、今回の妥協案となったわけです。

これで九鳳院はとんでもない核弾頭を抱えたことになります。が奥の院を出るということは、無能な兄貴を差し置いて、次期当主には彼女が指名されるかも知れないのです。今回出番の無かった隠居の爺さんには我慢なら無い未来でしょうが、ちゃんの天才を以ってすれば何の雑作も無いことと信じましょう。

そうして、喜ばしいことにちゃんの伴侶の選択肢は無限に広がっていると確信いたします。数少ない出会いの中で真九郎程の人物を見抜いた彼女の眼力からすれば、もっと可能性のある人物が出現するのは理の当然です。

その暁には末席にでも結構ですから心優しいロリコンの小父さんも加えてやってくださいませ。



公式ホームページ
http://www.samidareso.com/

WEBラジオ
http://lantis-net.com/kurenai/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://amanpuri.blog40.fc2.com/blog-entry-2036.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1254.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51043637.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50586304.html
http://blog.livedoor.jp/dc3ss/archives/60584.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-516.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1061.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-779.html
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1197.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1358.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956/40221449.html
http://08461705.at.webry.info/200806/article_27.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-327.html
http://blog.goo.ne.jp/yyrickyleo/e/318e9f3293f909eb3d695670ec6fd2f0
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-257.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2338.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-391.html
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/53776292.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200806200004/
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-232.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/06/post_f7be.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-422.html
http://blog.livedoor.jp/ore1975/archives/51365072.html
http://emilion.seesaa.net/article/101150453.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1227/
http://aonokirameki.blog52.fc2.com/blog-entry-535.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1125.html
http://plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/200806210001/
http://kazekura.seesaa.net/article/101245863.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1217
http://jinnjinn10.blog.drecom.jp/archive/231
http://deltadelta.blog25.fc2.com/blog-entry-111.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-111.html
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fatecao22/2008/06/post_b29e.html
http://blogs.dion.ne.jp/6_6_hi_hi/archives/7301789.html
http://aruniramu.blog37.fc2.com/blog-entry-202.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-737.html
http://ameblo.jp/fate2726/entry-10108788729.html
http://greatalibrary.blog97.fc2.com/blog-entry-45.html
http://happyuki-blog.at.webry.info/200806/article_66.html
http://walkingeconomy.blog91.fc2.com/blog-entry-314.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-486.html
http://blog.goo.ne.jp/nagumo_1971/e/9e736382eb32028c577a7339bc0f4ea7
http://blog.livedoor.jp/yami_yahma/archives/51954850.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2008-06-22-2
http://tekitounaotoko.blog4.fc2.com/blog-entry-314.html
http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51445226.html
http://miyuu24.blog73.fc2.com/blog-entry-492.html
http://blog.livedoor.jp/s0i/archives/51225929.html
http://takakeru.blog22.fc2.com/blog-entry-170.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-87.html
http://kumix.arekao.jp/entry-34149c1c4e09a5dedfe0faae7aa21f9e.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_cffa.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-4138.html
http://itoshikinozomu.blog107.fc2.com/blog-entry-62.html



紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
片山 憲太郎子安 秀明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

ツッパリ、きっぱり、意地っ張り「しゅごキャラ!」

shugosnap37-1.jpg

日本人以外の視聴者がこのエピソードを視たとき、日本人とはどういう民族なのかということが三つ分かります。

一つは王族に対し尊敬心を持ち決して憎しみを抱いたりしていないこと。
二つにはそれでいて人種や身分で人間としての尊厳が損なわれていたりしていると思っていないこと。
三つ目には身分・職能は自分の努力願望で実現できることであると堅く信じていること。


そんな日本人ですが、自身はそういう思想を形成したのは永い年月に培われた歴史の所産だということをさっぱり意識していません。生まれたときからこういう考えでいるのが当たり前だと思っているから、世界には違う考えの人間がいることなど意識したことが無いのです。

日本以外の国なら召使と主人が対等の問題意識を持ち、共に悩み、共に喜び合う場面があるなどとは夢想しません。両者は住んでいる世界が違うので立っている位置が違うのが当然だと考えるのです。

それはそのまま王族と平民に当て嵌まります。子供が共に同じ教室で学んだり、将来の夢を語り合ったりなど出来るはず無いというのが常識なので、日本のアニメが何の迷いも無く金持ちと貧乏人が友達づきあいしている場面を描くと戸惑ってしまうのです。


綯鹿が平民を子分にして集めに興じているのは中国思想(道教)の影響ではありません。日本人は古代から日本語という共通の土台があり、日本語を操るということは同じ人間だという信念でせいかつしているからです。

確かに一方は大納言の君で、一方は近郊の農民の子かもしれません。でも、遊びが好きでに対する知識なら貴族平民関係なく議論も批判も理想も語り合えるという身分を越えた共通の世界を共有できているのです。

古代の段階でこうなのですから、近代近世に到っては身分の差というものは急速に接近して当たり前。「仮面の共産主義国」と謂われる所以です。

流石に遊び仲間では平民相手でも、結婚相手となるとそうは簡単にいきません。綯鹿も番茶の出花の年頃(十三四)になると、嫁探しの貴公子仲間でも話題になります。勿論好い評判では在りません。大納言の一人娘は年頃になっても化粧も出来ない和歌も読めない落ち零れだと散々です。

それでも奇特な若者はいるもので、
「一目でも見てから決めても損はあるまい。なにせ大納言家の一人娘上手くすれば逆玉だもの。」
と、忍んでやってきた公達がいました。

様はというと相も変わらず子分供あいてに談義の真っ最中。深窓の令嬢だというのに庭先に出て大声で笑い合ったりジャレ合ったり。今日も得意の「万物平等論」を展開しています。

()貴方たちこの前「前科者」の子を虐めていたでしょう。親が酸っぱい葡萄を食べたら子供の歯が疼くとでもいうの。親の罪は親の罪、子の罪は子の罪じゃないのかしら。
(けら)そんなこと言っても「親の因果が子に報い」って近所の爺っさも言ってたしなぁ。
(ひき)姫様だって「蛙の子は蛙」て俺のことをいってたじゃないかよぉ

姫様はぼうぼうの眉毛を顰(しか)めて「度し難いわね貴方たちは」と、こぼします。

昔の聖人に足斬りの刑にあった先生がいました。学友が批難して曰く。
「君と僕とを一緒にしないでくれ給え。君は今まで身を慎まなかったからそんな目に遭ったのだ、今更勉強したところで手遅れだろう」
聖人の嘆いて曰く。
「自然は私に二本の足を与えてくれた。片方無くなったのは運命と言うもので、そんな過去のことなど疾うに忘れてしまっているよ。同じ師匠から教えを受けているのに、そんな偏頗な心を持っていること自体が恥ずべきことじゃないのかね。」
(出典:「荘子」内篇、徳充符第五)

(けら)姫様、言っている意味がわからねよ。
(姫)罪や生まれつきで不具者になったことなんて本来の人間の徳には関係ないってことよ。まして、親が立派であろうが前科者であろうが、子供に何の関係も無いわ。人は人自分は自分。その人の努力次第で聖人にもなれるし仙人にもなれるのよ。

子分たちは相変わらずの姫様節に相槌をうつものの、茶々を入れることを忘れません。
(ひき)そんなこと言ったって、姫様もお婿様は公達の中から選ぶのじゃろ
姫様はさすがにどぎまぎして、照れ隠しに言い訳する様が結構可愛い。
(姫)ば、莫迦なこと言わないでよ。私はまだお婿さんなんて考えていないんだから。
(けら)だったら姫様、なんで紅くなってんだぁ
(姫)うるさい!うるさい!!うるさい!!!(釘宮調)

垣間見していた公達。評判ほどでもない姫の普通さに好印象です。
「お化粧していなくてあの愛嬌なら、眉を剃ってお鉄漿(はぐろ)をしたらどんなに美しくなることか」
そこで、ついつい悪戯心が騒ぎ出すのでした。



公式ホームページ
http://shugo-chara.com/
http://p-pit.net/shugo/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://dame2otaku.blog48.fc2.com/blog-entry-1820.html
http://aninavianimemanga.blog115.fc2.com/blog-entry-1052.html
http://marinedragon.blog84.fc2.com/blog-entry-1161.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2344.html
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200806210002/
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1221
http://starlightstage.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_73ae.html
http://blogri.jp/euphoria2321/entry/1214048675/
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2008/06/37_8617.html
http://blog.goo.ne.jp/cure-misoji/e/38a19c49a07ac74d1b69b79ab945a8bf
http://kants.blog52.fc2.com/blog-entry-1252.html
http://georg.paslog.jp/article/906132.html
http://animebiyori.seesaa.net/article/101280228.html
http://kiesari.blog43.fc2.com/blog-entry-104.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1221
http://blog.goo.ne.jp/ruby_gillis/e/07757d4378b3154d17af04a4f6e6da51
http://starlightstage.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_73ae.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2008/06/37_8617.html
http://naokiharex2.jugem.jp/?eid=902
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-269.html



しゅごキャラ! アミュレットBOX2しゅごキャラ! アミュレットBOX2
(2008/08/20)
伊藤かな恵阿澄佳奈

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : しゅごキャラ!
ジャンル : アニメ・コミック

人は乳のみで生きているのではない「仮面のメイドガイ(痴情派)」

乳が無ければ生きる意味無し

今回もAT-Xは活躍の場は無いでしょう。房の先端が出る必然性が無いし、リズちゃんも脱いでくれなかったし。

マニアというのも空しい生き物です。ロリコンもそうですが肉体に固執した途端、生ものは移ろいゆくものなので、一瞬たりとも現状を維持できない宿命にあるのです。それならば鉄道マニアやキティラーの方がまだ優位に立てようというものです。

なえかの青春との張りは、はっきり言って今が頂点。後は黄泉津平坂を転げ落ちるのみ、後戻りは出来ない一方通行まっしぐらなのですから。


ところで、ロリコンにとっては幼女巨は邪道なので、否定派が強力主流なのですが、マニアは過剰乳(複数乳)はありなのか、一度問うてみたいところです。



公式ホームページ
http://www.maidguy.com/


WEBラジオ
http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_131.html



FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-81.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-1854.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-578.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1129.html
http://blog.livedoor.jp/eternalsearcher/archives/51444383.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1050.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-758.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51039993.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2315.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-746.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1207
http://okimamoton.sblo.jp/article/16033422.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-869.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/06/post_6cf6.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-380.html
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-261.html
http://animedrill.blog118.fc2.com/blog-entry-390.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-578.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2008-06-15
http://blog.livedoor.jp/dc3ss/archives/53425.html
http://cartoonworld.blog120.fc2.com/blog-entry-450.html
http://ameblo.jp/adam/entry-10107932813.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51323431.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-696.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/51049185.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-325.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-578.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-295.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-105.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1221/
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-430.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-120.html
http://blog.goo.ne.jp/brogalaxy/e/21e364c422926fae6dd13e9895a02208
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-80.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1020.html
http://kedamonomania.blog78.fc2.com/blog-entry-1197.html
http://project017.blog121.fc2.com/blog-entry-384.html
http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/dec8576d7189c07a2564c55f76412965
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/53710375.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/11_58ed.html
http://blog.goo.ne.jp/telanim/e/32893d58cafb10e88ad48cdac2dd6150
http://plaza.rakuten.co.jp/ta2ponta/diary/200806160000/
http://key623.blog2.fc2.com/blog-entry-5979.html




オトナアニメVol.8(洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)オトナアニメVol.8(洋泉社MOOK) (洋泉社MOOK)
(2008/05/29)
不明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 仮面のメイドガイ
ジャンル : アニメ・コミック

アマビエちゃん大活躍!「美少女番組速報(ゲゲゲの鬼太郎)」

アマビエちゃんは苦衷浮遊で移動できるのか。

美少女アイドルAYAちゃんに降りかかる災難と救済のお話。
鬼太郎は今回デレなかったので猫娘も一安心。

代わりにアマビエちゃんが世話焼き婆ならぬ世話焼き人魚となって、AYAちゃんラブラブぶりを発揮してくれます。


公式ホームページ
http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/kitaro/index.html


FC2 Blog Ranking


TB一覧
http://makkuramori2007.blog116.fc2.com/blog-entry-315.html
http://blog.livedoor.jp/fxnhe622_fxhnx801/archives/51236117.html
http://bluewatersoft.cocolog-nifty.com/animecomic/2008/06/62_9cb5.html#trackback
http://rainbowdolphin.dokyun.jp/archive/l-538337.html#tBox
http://iyannaccyau.blog98.fc2.com/blog-entry-154.html#trackback
http://blogs.yahoo.co.jp/rdt17imjp/23829671.html
http://webisuya.blog101.fc2.com/blog-entry-414.html
http://unnoya.moe-nifty.com/hotaru/2008/06/post_ca10.html
http://yebisukaipsychokanji.blog10.fc2.com/blog-entry-1932.html#trackback
http://takehara07seisyun.blog98.fc2.com/blog-entry-82.html
http://blog.goo.ne.jp/aban3rd/e/f0be95101daffd70e7cc4ee01c756875
http://duplex.blog12.fc2.com/blog-entry-551.html
http://plaza.rakuten.co.jp/monpuchi/diary/200806160000/#trackback
http://plaza.rakuten.co.jp/anotherroom373/diary/200806160000/
http://kazu392.blog8.fc2.com/blog-entry-2578.html
http://www.tibigame.net/anime/2008/06/_62.html#trackback


ゲゲゲの鬼太郎 妖怪パーフェクトBOOKゲゲゲの鬼太郎 妖怪パーフェクトBOOK
(2007/04/26)
不明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

紫ちゃん、今救い出すからね。「紅(くれない)」

お姫様を救えるのは君たちだ!!

ああっ!可憐過ぎて見てられません。
健気に振舞うちゃんが、ちゃんが可哀そう過ぎて。

幼い女の子をこんな悲惨な目に遭わせておいて、世界の不幸を論じるなどちゃんちゃら可笑しい。
世の自称警世家は明き目暗か?空き聾か?能足りんか?


誰も彼女を救えないなら、不肖筆者が天地人の良識に成り代わり命ずるしかありません。
孤独な魂を救済したいと願うものは狭き門より入れ!
滅びに到る広き門を避け、茨の小径を進め!

を悪徳と醜怪に充ちた黄泉の園から助け出した者にだけ、至高至聖の極楽の境地に導かれると断言する。

そういう訳であるので安堵して鬼魔妖界の毒牙に斃れるとも、の頚城(くびき)を打ち砕き宜しく彼女の笑顔を取り戻すべく渾身の力を注ごうではありませんか。

ヘタレの真紅や弥生や役立たずの女どもに任せておいたら何時の事になるやら。ちゃんが育ってしまって望まぬ子を孕んでしまってからでは遅いのです。


子供は自分が望まれぬのにこの世に産み落とされたと思ってしまったら、何と寂しく何と辛い居た堪れない思いに打ち拉(ひし)がれることでしょう。そんな悲惨な境遇でも真っ直ぐ育つ人間など、三千世界の中でも唯一人だけでしょう。


彼女の存在こそ奇跡の証であり、人類の希望なのです。そうでしょう皆さん。

さあ、皆で一緒にを称え、の幸せを祈願しようではありませんか。

紫ちゃん、素敵です。可愛いです。凛々しいです。
貴女こそ姫様の中の姫様。
宇宙の宝物です。


公式ホームページ
http://www.samidareso.com/

WEBラジオ
http://lantis-net.com/kurenai/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-477.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51038902.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-319.html
http://ameblo.jp/fate2726/entry-10106000738.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2306.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-750.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1342.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/06/post_4c0c.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50583620.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200806130003/
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1115.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/kurenai11_74e9.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-378.html
http://blog.livedoor.jp/slam34843/archives/51181919.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1048.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-79.html
http://greatalibrary.blog97.fc2.com/blog-entry-44.html
http://kazekura.seesaa.net/article/100529906.html
http://blog.goo.ne.jp/yyrickyleo/e/8cede76fb62f3b79fc61eab2487e5b8d
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1220/
http://blog.livedoor.jp/dc3ss/archives/41316.html
http://loliluna.blog53.fc2.com/blog-entry-574.html
http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-424.html
http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51440934.html
http://kurorizu.blog39.fc2.com/blog-entry-92.html
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1187.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1200
http://blog.goo.ne.jp/akinori915/e/8d6be9c341d5e2bc2d67db54f454e4fb
http://jinnjinn10.blog.drecom.jp/archive/228
http://blog.livedoor.jp/ore1975/archives/51360232.html
http://keiesworks.blog122.fc2.com/blog-entry-213.html
http://azolt.blog10.fc2.com/blog-entry-333.html



紅?醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)紅?醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)
(2008/04/25)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

玉の輿には興味なし「しゅごキャラ!」

王子様も王女様に見えてしまうこの番組





たとえば、現代の常識では若い女性は腋毛を剃って無駄毛のお手入れも丁寧にするのは当たり前。
そこに、いい家庭のお嬢様が「そんなのは偽善よ!自然に生きるのが人間の正しい生き方でしょ。」とか嘯いて、腋毛も鼻毛も伸び放題、水着の端から体毛の一部が覗いていたとしたら、どんな美少女でも男の子からは相手にしてもらえないことでしょう。

綯鹿(ナウシカ)はそんな常識外れの女の子だったのです。


流石に両親も心配して
や。そんな構わない身なりだとお婿さんが寄って来ないよ。お願いだから人並みにお洒落をしておくれ。」
と、やんわり宥めても、聞く耳もちません。


「いいのよ、お父様お母様。そんな上辺しか見ない男なんてこっちからお断り。私の人間的本質を尊重してくれる人でなくっちゃ結婚しても意味無いわ。そうでしょ。」
と減らず口ばかり叩くのです。

そうして読書に飽きると、手下のやんちゃ坊主たちと昆採取や蛙採りミミズ掘りなどに興じ、ちっとも花嫁修業に見向きしてくれません。末は主上(天皇)のお后か大臣の北の方になろうかというやんごとない身分のがこんなことでは世間の笑われ者と、本人と遊び友達以外は気に病んでいたのでした。

一の子分螻蛄男(けらお)とでぶっちょ蟇蛙麿(ひきまろ)が取っ組み合いの喧嘩を始めたときも、お様は諸肌脱いで仲裁に乗り出し二人を窘(たしな)める
のです。

「止めなさい!螻蛄男、蟇蛙麿!そういうのを『蝸牛角上の争い』というのよ!」
けら「何だよぅおさまぁ?そのカギュウカクってのは」
ひき「クワガタかカナブンの仲間かぁ?」

「ふふん!」と綯鹿姫は鼻で笑って得意満面に講釈します。
姫「蝸牛というのはカタツムリ(まいまい)の事よ。唐土(もろこし)ではこう呼ぶの」

荘周先生の友人である恵子が戦争好きの王様にお目通りしたときのことです。
(恵)王様これをどうお考えですか?『カタツムリの右の角に「触国」左の角に「蛮国」がありました。二国は大層仲が悪く片方が侵略しては何万人もの兵を殺し、また片方が報復に何万人も屠るという戦いを繰り返していたのです』

(王)そんな話は絵空事。余の政治とは何の関わりもないわ。
(恵)それではこの話を絵空事でなくして差し上げましょうか。『一体この世界の上下左右十方無辺、果てが有るとお考えに成れますか?果てを意識した途端その又果てがあると考えて仕舞うのではありませんか?』
(王)そう謂われればそうかも知れん。この世の果てなど見た者も聞いた者もおらんじゃろう。
(恵)ではその世界の果てからこの世を見た場合はどうでしょう。天下の中に大海があり、大海の中に漢土がある。その又漢土に王様の国があり、豆粒ほどの王都があるのです。王様の国と「触」「蛮」の国とどれ程の違いが有るというのでしょう。王様のお好きな戦とは「蝸牛の角の争い」というものでございます。
(出典:「荘子」雑篇、則陽第二十五)


姫「というお話なのよ。分かった?」
けら「よく分からんけど、要するに『団栗の背比べ』じゃと言いたいんじゃの」
ひき「さすがは姫様。物知りじゃ」
姫「分かったなら、それでいいわ。二人ともお菓子を上げるから今日採ったの世話をして頂戴ね。」
とまあ、こんな具合で餓鬼大将の親分姫は満悦至極なのでありました。


公式ホームページ
http://shugo-chara.com/
http://p-pit.net/shugo/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2312.html
http://kants.blog52.fc2.com/blog-entry-1237.html
http://youtubeone.blog71.fc2.com/blog-entry-597.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1204
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-257.html
http://kuitati.blog43.fc2.com/blog-entry-289.html
http://marinedragon.blog84.fc2.com/blog-entry-1149.html
http://blog.goo.ne.jp/cure-misoji/e/448f4a4b273480bc2982035a6fd2d4f2
http://honenuki.blog106.fc2.com/blog-entry-878.html
http://japanimation2008.blog45.fc2.com/blog-entry-208.html
http://plaza.rakuten.co.jp/ball3/diary/200806140000/
http://blogri.jp/euphoria2321/entry/1213448582/
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-3343.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-4132.html



しゅごキャラ! 3 (3) (講談社コミックスなかよし)しゅごキャラ! 3 (3) (講談社コミックスなかよし)
(2007/03/20)
PEACH-PIT

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : しゅごキャラ!
ジャンル : アニメ・コミック

祭るを以って神在ますが如く「仮面のメイドガイ(痴情派)+(AT-X)」

不死身のキャラクター

『危うく死ぬところだっ』というネタが通じるギャグ世界では、何度致命傷を喰らおうが、必ず復活できるというお約束が有効です。

神頼みという言葉にも宗教観によって、意味が」違ってきます。
よく直訳で「神のみぞ知る」とか「全てはアッラーの思し召し」とかが常套句になっていますが、「為せば成る」の精神が活きている日本では、意志の弱い人間か無気力人間の逃げ口上の様に思われて毛嫌いされます。

では、あんなに熱心に神社仏閣に詣でるのは何のためだと日本人を問い詰めると、単に心理的な保険の為だという小莫迦にしたような返答しか帰ってこないので、議論は徹底的なすれ違いに終わってしまいます。

これは日本人を偶像崇拝者だと批難するくらい無意味な問答なのです。日本人は偶像を崇拝しているのではなくギリシャ哲学で謂うところの『イデア』を崇拝しているのだと思えば理解が近いのではないでしょうか。

二次元にしろ三次元にしろ表層に現れたそのものを愛玩愛撫するのではなく、その彼方にある理想・理念に傾倒しているのだと言えるのではないでしょうか。



公式ホームページ
http://www.maidguy.com/


WEBラジオ
http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_131.html



FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://dogabu.blog110.fc2.com/blog-entry-2476.html
http://batorano.blog42.fc2.com/blog-entry-580.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-290.html
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-424.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1038.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-729.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2008-06-08
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1188
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1214/
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-854.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-1827.html
http://okimamoton.sblo.jp/article/15797268.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51035748.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/06/post_fb43.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-370.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2284.html
http://spiralfreedom.blog39.fc2.com/blog-entry-635.html
http://jigo.blog102.fc2.com/blog-entry-572.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-95.html
http://lastheven.jugem.jp/?eid=1264
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-1112.html
http://blogs.dion.ne.jp/nininga/archives/7255092.html
http://blogs.yahoo.co.jp/vvvf7765/21280419.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-730.html
http://cartoonworld.blog120.fc2.com/blog-entry-436.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-111.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/51046280.html
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-689.html
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-72.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/10_6520.html
http://mitubatatibana.blog122.fc2.com/blog-entry-496.html#trackback
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-928.html
http://soranonikki1122333.blog79.fc2.com/blog-entry-322.html
http://blog.livedoor.jp/dc3ss/archives/19705.html
http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51438102.html
http://kedamonomania.blog78.fc2.com/blog-entry-1186.html
http://blog.livedoor.jp/eternalsearcher/archives/51438374.html
http://blog.goo.ne.jp/yatamega/e/8fce142d00c1866cb9a7b865f1163e27
http://blog.livedoor.jp/onochi/archives/51309023.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-569.html
http://d.hatena.ne.jp/syousa/20080611/1213139520
http://kazamitori.blog79.fc2.com/blog-entry-1013.html
http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/07cc536bcd36c3f42639c6c5e1847f16
http://blog.goo.ne.jp/brogalaxy/e/057db79f75012eb284496549c5de1c6b
http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-48.html
http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-509.html
http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/51306352.html
http://aruniramu.blog37.fc2.com/blog-entry-187.html
http://walkingeconomy.blog91.fc2.com/blog-entry-306.html
http://enishi-hatsuta.at.webry.info/200806/article_9.html
http://nekoko.at.webry.info/200806/article_12.html
http://deltadelta.blog25.fc2.com/blog-entry-89.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-196.html
http://d.hatena.ne.jp/morakana/20080608/1212953848
http://blog.goo.ne.jp/rumaroe/e/d093a15d03e6ef192dd7ada1082c0be6
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/53613769.html
http://346zakki.12.dtiblog.com/blog-entry-524.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-78.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ymsug1129/21394577.html
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/blog-entry-962.html
http://kate555.blog59.fc2.com/blog-entry-474.html
http://midorinotanuki7.blog32.fc2.com/blog-entry-80.html
http://araaraufufu.blog56.fc2.com/blog-entry-451.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1006.html
http://kamotyan1919.blog113.fc2.com/blog-entry-170.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2304.html
http://ameblo.jp/adam/entry-10105783637.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51318529.html
http://wave.ap.teacup.com/applet/amyuzu-aid/1391/trackback
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-3324.html
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-256.html
http://chunou2.blog97.fc2.com/blog-entry-377.html
http://ameblo.jp/aamix/entry-10105518944.html
http://emilion.seesaa.net/article/100023019.html
http://blog.livedoor.jp/lovealisa/archives/51086632.html
http://project017.blog121.fc2.com/blog-entry-378.html




ドラゴンエイジ 2008年 06月号 [雑誌]ドラゴンエイジ 2008年 06月号 [雑誌]
(2008/05/09)
不明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 仮面のメイドガイ
ジャンル : アニメ・コミック

ロリコンの敵は人類の敵「紅(くれない)」

真九郎。早く紫を迎えに来て!

一人ぼっちの女の子を見捨てて、どの国でどの社会で正義を語れると言うのだ。親族の親等が近かろうが財力権力武力知力が高かろうが、それで人の幸福度が量れる筈も無いだろう。

と真九郎が出会ったのは神の配剤に因るのだから、人がどうこうしようとか余りにも僭越というものである。

というのが、ロリコンのオーソリティーを任じる筆者の意見です。

美少女を迫害する者は人類の発展と可能性と希望を摘み取ろうとする極悪人であることに何故気付かないのだろう。どんなきれいごとを並べても、その企みは邪悪であり醜悪な腐れ切った根性から発しているのは疑いの無いところです。



公式ホームページ
http://www.samidareso.com/

WEBラジオ
http://lantis-net.com/kurenai/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://keiesworks.blog122.fc2.com/blog-entry-212.html
http://tukiakarimiyo.blog118.fc2.com/blog-entry-148.html
http://kazekura200.blog25.fc2.com/blog-entry-314.html
http://notane.blog54.fc2.com/blog-entry-1200.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51035147.html
http://happyuki-blog.at.webry.info/200806/article_19.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200806060004/
http://walkingeconomy.blog91.fc2.com/blog-entry-301.html
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/53582677.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1331.html
http://jinnjinn10.blog.drecom.jp/archive/224
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1182
http://kurorizu.blog39.fc2.com/blog-entry-82.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50580858.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/06/post_a6e1.html
http://hakuroupunk.blog56.fc2.com/blog-entry-1177.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1035.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-189.html
http://loliluna.blog53.fc2.com/blog-entry-567.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2279.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-368.html
http://kazekura.seesaa.net/article/99662795.html
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/kurenai10_1877.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1212/
http://blog.goo.ne.jp/yyrickyleo/e/0a6a88a68457226d86b004bc94122acc
http://blog.livedoor.jp/slam34843/archives/51178994.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1242.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-719.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/tb.php/719-adabe652
http://rapidservice.blog39.fc2.com/blog-entry-46.html
http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51436841.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2008/06/10_3f15.html
http://greatalibrary.blog97.fc2.com/blog-entry-42.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-724.html
http://cactusanime.blog104.fc2.com/blog-entry-419.html
http://rozi0533ver2.blog77.fc2.com/blog-entry-89.html
http://emilion.seesaa.net/article/99563293.html
http://japanimation2008.blog45.fc2.com/blog-entry-186.html
http://animedrill.blog118.fc2.com/blog-entry-363.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956/39523149.html
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/blog-entry-959.html
http://tekitounaotoko.blog4.fc2.com/blog-entry-296.html
http://beautifulstory.blog38.fc2.com/blog-entry-985.html
http://monogusajiro.blog123.fc2.com/blog-entry-244.html
http://kazus.blog66.fc2.com/blog-entry-4635.html
http://inthemood25.blog82.fc2.com/blog-entry-1437.html



紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/06/04)
片山 憲太郎子安 秀明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

前も後ろも戦争だ!「かのこん」

わっちは貧乳ノゾムでありんす

おっぱいはちっちゃいけど感度では脂身に負けない自信があるの。
若い分だけ耐久力は抜群。どんな厳しい攻めでも受け流せるわ。

でも耕太はいつもちずるの方ばっかり第一番にして私を次いでのその又次にするの。
スペアでもいいなんて、口が裂けても言えないけれど、女の戦いは一に辛抱二に辛抱。食いしん坊には福が来る日を信じて待つの。

公式ホームページ
http://www.kanokon.com/index-n.html
http://www.xebec-inc.co.jp/anime/kanokon/


WEBラジオ
http://www.kanokon.com/commu-radio.html


FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://rapidservice.blog39.fc2.com/blog-entry-44.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2281.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1211/
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1185
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-800.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-369.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-286.html
http://blog29taka.blog107.fc2.com/blog-entry-323.html
http://okimamoton.sblo.jp/article/15775769.html
http://blog.livedoor.jp/ore1975/archives/51356345.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-922.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-231.html
http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-690.html
http://pajamamoe.blog31.fc2.com/blog-entry-211.html
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-68.html
http://manialaboratory.blog106.fc2.com/blog-entry-76.html
http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/aef36a3a0369deda44d0d31ae714b989
http://happyuki-blog.at.webry.info/200806/article_23.html
http://cartoonworld.blog120.fc2.com/blog-entry-434.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-313.html
http://princessnote.blog39.fc2.com/blog-entry-871.html#trackback
http://rd-style.moe-nifty.com/taku/2008/06/10_558b.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1107.html
http://blog.livedoor.jp/kv85/archives/745374.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2080.html
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/2080-6b3a2af7
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/10_d2f4.html





かのこん えすいー(初回限定版) 特典 奈留迦見温泉の素付きかのこん えすいー(初回限定版) 特典 奈留迦見温泉の素付き
(2008/08/01)
PlayStation2

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : かのこん
ジャンル : アニメ・コミック

移り気じゃないの正直なの「しゅごキャラ!」

美少女はボーイッシュを逆手にとれる得なキャラ

美少女と見分けのつかない美少年。美少年と見紛う美少女の話は「とりかえばや物語」

今回は初恋の彼氏「シュウちゃん」から最近の彼氏「いいんちょ」まで、亜夢ちゃんの愛の遍歴のお話。

なにしろ襁褓(むつき)が取れた頃には従兄弟を射程圏内にロックオンする早業。後生畏るべし。そりゃあ愛のエンジェルも懐く筈です。

いくら終身結婚が流行ではなくなったとはいえ、一度も異性に言い寄られない人生なんて寂しいじゃありませんか。ましてや現代と違って女の幸せは子孫繁栄、家名を挙げる子をたくさん産み育てた母が評価される社会においては。

「虫愛ずる君」は名前が伝わって無いので、仮に鹿(ナウシカ)と呼んでおきましょう。
大納言家の一人娘ですがお嫁入りにはとんと興味が無くって、日がな読書三昧と小童供を呼び集めては昆虫蒐集に興じる問題少女です。

大体「荘子」を諳(そら)んじている少女なんて学者の家系に生まれた者でも、門前の小僧よりマシな程度なのですから、「超」がつく変わり者です。


この時代のお様だったら「貝合わせ」とか「囲碁」「管弦」「絵巻物」が履歴書の趣味の欄に並んでなきゃいけません。料理・裁縫は御付の女房衆に任せるとして、最低限マスターしておかねばならないのが読み書き。

これは「和歌」でラブレターを自由に書きこなせないと一人前の淑女として扱ってもらえないという事なのです。

それがこの様ときたら漢文は得意な癖に平仮名はさっぱり。普段の手紙や日記には専ら片仮名だけで用を足している無骨者でした。

成人の儀式を済ました(初潮を迎えた)というのに、餓鬼大将達を集めては青虫毛虫芋虫の育成談義に花を咲かせています。女房衆や女童供が近寄らないのも道理。

鹿は日奈森シュウではなく「荘子」(名は)に頭の先からお尻の端までどっぷり浸かった生活に満足を覚えているのでありました。

()在るがままの姿がいいのよ。お化粧なんて愚の骨頂。
南海の帝(みかど)をシュクといい、北海の帝をコツという。中央の帝を混沌と言った。
三人の帝は中央の地で出会って混沌が手厚く二人をもてなしてくれた。
帝たちが相談して言うには「人には普通七つの穴が備わっている。それなのに混沌帝には何も無い。どうだろう、ここは我らで混沌帝に穴を備えて歓待のお礼をしてやろうじゃないか。」
シュクとコツの帝は日に一穴づつ混沌に穴を穿っていった。
混沌は七日目にして死んでしまった。
(出典:「荘子」内篇、応帝王第七)

公式ホームページ
http://shugo-chara.com/
http://p-pit.net/shugo/

FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://aircastle.blog11.fc2.com/blog-entry-1634.html
http://starlightstage.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_3489.html
http://honenuki.blog106.fc2.com/blog-entry-855.html
http://marinedragon.blog84.fc2.com/blog-entry-1132.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1186
http://blog.goo.ne.jp/ruby_gillis/e/61810bd447b98edde46c5c36290e6b96
http://blog.goo.ne.jp/cure-misoji/e/527eab1b1c79a0a11e05a83187ea5ef2
http://plaza.rakuten.co.jp/wistaria/diary/200806070000/
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2283.html
http://georg.paslog.jp/article/897099.html
http://ritobasu.blog103.fc2.com/blog-entry-124.html
http://hirowara.blog66.fc2.com/blog-entry-249.html
http://animedrill.blog118.fc2.com/blog-entry-369.html
http://kiesari.blog43.fc2.com/blog-entry-66.html
http://blog.livedoor.jp/puzzlize/archives/51317150.html
http://yasu92349.at.webry.info/200806/article_6.html
http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/876f501701
http://la-bella-stella.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_9c38.html




しゅごキャラ! 4(通常版)しゅごキャラ! 4(通常版)
(2008/05/21)
伊藤かな恵阿澄佳奈

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : しゅごキャラ!
ジャンル : アニメ・コミック

いろんな所からの苦情にも対処「仮面のメイドガイ(痴情派)」

乳の持ち腐れ

頼りになるコガラシの評価に反比例して、どんどんドジっ子振りを見せつけ始めたフブキ嬢。
人並みの見栄は張るけど恥辱プレイには弱い。毒喰らわば皿までの現役女子高生根性には辟易して、職場放棄と相成りました。

そういわれれば、首が解禁なのはなえかなのであって、フブキさんは入浴や寝姿も秘密の湯気に包まれています。

何処でメイドの修行をしていたのか。家族構成や生い立ちなど。想像する余地は地球の砂漠化地帯よりも広大無辺のようです。

公式ホームページ
http://www.maidguy.com/


WEBラジオ
http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_131.html



FC2 Blog Ranking

TB一覧
http://d.hatena.ne.jp/syousa/20080604/1212537292
http://rapidservice.blog39.fc2.com/blog-entry-35.html
http://blog.livedoor.jp/eternalsearcher/archives/51433124.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2254.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1171
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51031920.html
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-356.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1023.html
http://okimamoton.sblo.jp/article/15589954.html
http://nijiironote.blog122.fc2.com/blog-entry-355.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-715.html
http://pagyuu.jugem.jp/?eid=440
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-75.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-96.html





仮面のメイドガイ1 (初回限定版)仮面のメイドガイ1 (初回限定版)
(2008/06/25)
小山力也井口裕香

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 仮面のメイドガイ
ジャンル : アニメ・コミック

おっぱいなんか無くたって「かのこん」

乳が無い方が萌えるんですけど

今週はお待ちかね、双子忍者が大活躍。
貧乏寺の跡取り娘みたいですけど、母親は貧乏に耐えられず逃げ出したのでしょうか?
それぞれの家庭事情は掘り下げると興味が尽きません。


公式ホームページ
http://www.kanokon.com/index-n.html
http://www.xebec-inc.co.jp/anime/kanokon/


WEBラジオ
http://www.kanokon.com/commu-radio.html


人気blogランキングへ

TB一覧
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-912.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2250.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-276.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-304.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1201/
http://rd-style.moe-nifty.com/taku/2008/05/9_be2f.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1166
http://clannad.exblog.jp/7164297
http://suukigendai.blog.shinobi.jp/Entry/36/
http://enishi-hatsuta.at.webry.info/200805/article_39.html
http://gokuuyo.at.webry.info/200805/article_36.html
http://plaza.rakuten.co.jp/selidian/diary/200805310002/
http://okimamoton.sblo.jp/article/15550146.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-218.html
http://blogs.dion.ne.jp/nininga/archives/7227019.html
http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/0746299901c5b100119738678ee97a84
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1094.html
http://blog.livedoor.jp/kv85/archives/736017.html
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-61.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-787.html
http://maruton.blog55.fc2.com/blog-entry-2065.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-308.html
http://tamayuru.blog21.fc2.com/blog-entry-1038.html
http://hime.in/3
http://pajamamoe.blog31.fc2.com/blog-entry-202.html
http://pajamamoe.blog31.fc2.com/tb.php/202-fab64827
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51031441.html



「かのこん」源ちずる 抱き枕カバー&本体セット「かのこん」源ちずる 抱き枕カバー&本体セット
()
不明

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : かのこん
ジャンル : アニメ・コミック

幼女の幸せが私の幸せ「紅(くれない)」

これは罠ね

あまりにも辛い苦難というしかありません。愛は障害が無ければ成就しないというのならば、何と純粋で高貴な紫ちゃんの想いでしょう。

幼女の犠牲の上に成り立つ悪徳を放置できるというのなら、何処に正義を求められましょう。

今こうしている間にも大人の都合と利害のために、ささやかな幸せを否定されこの世から去っていく幼い恋の何と儚いことか。

このどん底からの逆襲が、虐げられてきた幼女たちの供養になると思わないことには、自分の心は折れてしまいそうです。

真九郎だけが幸せな結末を迎えるのは本意では有りませんが、紫ちゃんが幸せになってくれるなら、私の都合など鵞鳥の羽毛やタンポポの綿毛よりも軽いものであります。

紫ちゃんの笑顔が曇らぬように。今、彼女を救えるのはお前だけなのだぞ、真九郎!!




公式ホームページ
http://www.samidareso.com/


WEBラジオ
http://lantis-net.com/kurenai/

FC2 Blog Ranking
TB一覧
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1238.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-472.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2248.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1021.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51031545.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1319.html
http://kazekura.seesaa.net/article/98762337.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200805300003/
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-688.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1164
http://tatematsuyan.blog66.fc2.com/blog-entry-353.html
http://plaza.rakuten.co.jp/selidian/diary/200805300002/
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50578568.html
http://blogs.yahoo.co.jp/geallza/55489568.html
http://blog.livedoor.jp/machiru547/archives/50557278.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2008/05/post_331b.html
http://blog.goo.ne.jp/yyrickyleo/e/f4579a059f0d2629fb31278aef6603f8
http://blogs.yahoo.co.jp/aruxu454600/53474305.html
http://danceofeternity.blog76.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-169.html
http://plaza.rakuten.co.jp/aoi78/diary/200805300000/
http://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/kurenai9_e04d.html
http://ameblo.jp/fate2726/entry-10101850921.html
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1048.html
http://rakusyasa.blog41.fc2.com/blog-entry-74.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1203/
http://blog.livedoor.jp/slam34843/archives/51176580.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2008/05/9_d4db.html
http://loliluna.blog53.fc2.com/blog-entry-561.html
http://blogs.yahoo.co.jp/yfddc956/39156887.html
http://blog.goo.ne.jp/telanim/e/d5494909caca9b42bc21f54e7a0a0be6
http://takakeru.blog22.fc2.com/blog-entry-149.html
http://happyuki-blog.at.webry.info/200805/article_101.html
http://tekitounaotoko.blog4.fc2.com/blog-entry-284.html
http://kurorizu.blog39.fc2.com/blog-entry-69.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-718.html
http://itoshikinozomu.blog107.fc2.com/blog-entry-58.html
http://blog.livedoor.jp/paprika200502/archives/51432593.html
http://lune.at.webry.info/200806/article_3.html
http://refleurir.blog112.fc2.com/blog-entry-1096.html




「紅」 kure-nai ドラマCD「紅」 kure-nai ドラマCD
(2007/12/21)
片山憲太郎

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ :
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク