逆乳に触れることは死を意味する「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」

HSTDsnap4-0.jpg
逆鱗を持っているのは青銅闘士だけではありません。突起物が神経過敏なのは生物学の基本中の基本です。
例外はアホ毛くらいでしょうか。あれは単なる飾りですから。

中身が詰まったままのたわわな果実を零れ落ちるままにしているのは、文字通り宝の持ち腐れというものでしょう。希少価値としては「残念」以前が通(つう)の極みですが、一般需要が流通市場を形成するのは当然の理屈。

今季最強のビッチの呼び声高い第一ヒロイン「麗」ちゃんですが、今さら無理くりを揉みしだかれた位では世間の評判が好転する筈もありません。却って「しおらしく」見せるだけの演技じゃないの?正鵠を射る揶揄が飛び交う始末です。

不埒な所業に及んだウドの馬の骨に制裁を加えようとする彼女を理性の塊である主人公が押し止めたのは、武士の情けというものでしょうか?


公式ホームページ
http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/



FC2 Blog Ranking


TB一覧
http://sottositeokou.blog41.fc2.com/blog-entry-165.html
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-6002.html
http://michikosan777.blog15.fc2.com/blog-entry-97.html
http://killfebon.blog73.fc2.com/blog-entry-38.html
http://vnr2034.blog133.fc2.com/blog-entry-146.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51507703.html
http://akashiima.blog57.fc2.com/blog-entry-245.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-957.html
http://hissy00.blog39.fc2.com/blog-entry-1233.html
http://sugarlight.blog41.fc2.com/blog-entry-203.html
http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4087.html
http://blog.livedoor.jp/kotarou_break/archives/2865157.html
http://blog.livedoor.jp/s_396n/archives/51560168.html
http://sironsiron.blog70.fc2.com/blog-entry-371.html
http://plaza.rakuten.co.jp/tomgarden/diary/201007290000/
http://ameblo.jp/kazeyomi96/entry-10603814311.html
http://ameblo.jp/iemei/entry-10603881994.html
http://lune.at.webry.info/201007/article_41.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1729.html
http://28903894.at.webry.info/201007/article_86.html
http://nekoko.at.webry.info/201007/article_41.html
http://plaza.rakuten.co.jp/koumeinowana/diary/201007260000/
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1968.html
http://amkatan.blog118.fc2.com/blog-entry-1252.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-292.html
http://vividstation.blog99.fc2.com/blog-entry-516.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1277.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2378.html
http://tarararattara.blog40.fc2.com/blog-entry-434.html
http://kakureotanchi01.blog20.fc2.com/blog-entry-91.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/2315/
http://tobid.blog97.fc2.com/blog-entry-446.html
http://coffeemonster.at.webry.info/201007/article_51.html
http://saineria.at.webry.info/201008/article_8.html
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fateliang/2010/07/post-12.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-391.html
http://shirousausa.blog106.fc2.com/blog-entry-64.html
http://c-adventure.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/4-21ce.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kazusaroom/diary/201007290002/
http://blog.livedoor.jp/geallza/archives/51109957.html
http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-928.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-518.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1153.html
http://kokorotekutek.jugem.jp/?eid=560
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4715.html
http://narikamereon.blog22.fc2.com/blog-entry-1079.html
http://anzu05.blog29.fc2.com/blog-entry-174.html
http://ameblo.jp/adam/entry-10609197443.html
http://adria7.blog92.fc2.com/blog-entry-269.html
http://synthetickanzi.blog11.fc2.com/blog-entry-379.html
http://irizasama.blog95.fc2.com/blog-entry-761.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65390817.html
http://aragaiaragai.blog133.fc2.com/blog-entry-22.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-996.html
http://nityael.blog74.fc2.com/blog-entry-458.html
http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/201007260000/
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2306
http://maguni.com/diary.cgi?no=1124
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51589028.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1437.html
http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-1208.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-128.html
http://monochromenote.blog114.fc2.com/blog-entry-1028.html
http://myuvi.blog59.fc2.com/blog-entry-208.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50918925.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-672.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=1676
http://tsukataga.blog54.fc2.com/blog-entry-448.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-2217.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/201007260001/
http://siritagari.blog101.fc2.com/blog-entry-53.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kiko000/diary/201007260001/
http://www.nariyukijinsei.net/2010/07/-highschool-of-the-dead4/index.html
http://sumi4460.blog63.fc2.com/blog-entry-2276.html
http://bitayoshi.blog28.fc2.com/blog-entry-73.html
http://altria98.blog113.fc2.com/blog-entry-447.html
http://makitokouenji.blog63.fc2.com/blog-entry-569.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1303.html
http://sorakakeruhosi.blog109.fc2.com/blog-entry-2034.html
http://laikablog.blog53.fc2.com/blog-entry-154.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3241.html






学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 宮本麗 完成品フィギュア学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 宮本麗 完成品フィギュア
()
不明

商品詳細を見る
HSTDsnap3-1.jpg
学園が舞台だったのは3話までってことですか。


HSTDsnap3-2.jpg
ゾンビのパンツ出すぐらいだからもっと気色の悪いモノ出してくるのは想定内ですね。


HSTDsnap3-3.jpg
ゾンビ犬やゾンビペットが徘徊しないだけ安心できます。


HSTDsnap3-4.jpg
このアニメでは巨が正義。凡、平は一瞥だにされません。


HSTDsnap3-5.jpg
梅雨時だったら死体の腐敗は亢進したんでしょうけど。


総集編だったので第4話も同時UPで。
HSTDsnap4-1.jpg
実写だったら決して許可されることないノーヘルツーリング。だからアニメは偉大なのです。


HSTDsnap4-2.jpg
ホラーは魔法少女モノよりキワモノに許容能力が高いかも知れません。


HSTDsnap4-3.jpg
日本以外だと人種や宗教の問題が政治以上にネックになってしまいますから。


HSTDsnap4-4.jpg
おっぱいくらいで命を落としちゃ悔みきれないですわ。

テーマ : 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話

終わりのハジマリ

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 「 Running in the DEAD」 感想

「女を盗まれるよりはマシだ・・・ッ」 宮本麗 完成品フィギュア () 不明 ...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 4話 感想

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 「Running in the DEAD」 一瞬総集編かと思うような、長めの回想でした。 4話でこれで大丈夫なのかな? そ...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話~MVPは宮本麗~

タイトル「Running in the DEAD」

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第04話 『Running in the DEAD』

ACT.04 『Running in the DEAD』 僅か3話にしてこの回想の多さは如何に・・・ 振り返る程複雑な話でも無かったはずだし、尺合わせのための回想って...

学園黙示録 第4話 「Running in the DEAD」 感想

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray](2010/09/22)諏訪部順一井上麻里奈商品詳細を見る 死者の国へようこそ―

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 (レビュー/感想)

第4話 『Running in the DEAD』 本編の5割方が『総集編』っと。 Aパートは今回の本編のカットを交えながらも殆どが『総集編』の内容。孝の独白が...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF DEAD #04 『Running in the DEAD』 感想

前半が総集編 だったわけで、まさか4話でもうくるとは思いませんでしたw 制作が大変なのかも知れませんね。 ED毎回違う写真を加えてるし...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話「Running in the DEAD」

蝕まれる精神。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 「Running in the DEAD」

 一瞬総集編かと思ってしまいましたね。回想シーンがちょっと長めです。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT4 感想

回想…… Running in the DEAD

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話

「本当に怖いのは人間だ」論。

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT.4「Running in the DEAD」感想

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (4) (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ104-4))原作:佐藤 大輔 富士見書房 2008-03-08売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools   何か半分くらい総集編っぽくなっていたのが気になるところですが....

(アニメ感想)学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第04話「Running in the DEAD」

あらすじ 途中でバスから降りた孝と麗は合流地点に向かうために盗んだバイクで走り出す。 行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD #4

【Running in the DEAD】 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (4) (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ104-4))販売元:富士見書房発売日:2008-03-08おすすめ度:クチコミを見る 死者の国へようこそー!ォィォィw 

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 4話 「Running in the Dead」

生が死滅し、死が生きる

『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』#4「Running in the DEAD」

「女を盗まれるよりは、マシだ!」 4話目だというのに、前半はほぼ総集編でしたね(汗) まぁ、丸々総集編ではなく新カットも入ってたから...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 『Running in the DEAD』 感想

孝の成長物語になるのかな。極限の環境は人を育てるのか。学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 『Running in the DEAD』 の感想です。 

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第04話 『Running in the DEAD』

© 佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会 どうしてこうなった… …。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話 

[麗と孝はバイクで逃走中、破損した警察車両から拳銃と銃弾を入手。そしてガソリンを補充するため、とあるスタンドに立ち寄る。ところがそ...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT04

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT04『Running in the DEAD』

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話「Running in the DEAD」

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray](2010/09/22)諏訪部順一井上麻里奈商品詳細を見る 胸を掴み取れ!!(ぁ 何かAパートは総集編でしたな ...

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話「Running in the DEAD」

給油して、おっぱい揉まれた。 ただそれだけ。

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございます。

>ビ××の

 ふと思ったのですが、別作品でビ××姫と呼ばれたキャラもいたような気がする。その号を与えられたアニメキャラって何人いたのでしょうかね?

淫RANとか淫BAIとか売女とか

女性を卑下侮蔑する言葉はどんどん制限されています。

しかし、言葉が無くなったら思想が無くなるなんて宗教を信じているのは日本言霊教の信者だけであって、実態は倦怠期の夫婦よりも辛辣な相互嫌悪が男女間では交錯しているものです。

一旦秩序が崩壊した社会を再構築するのは至難の業です。

それでも男女が互いの尊厳を尊重しあえる為には、健全な性生活と原始から継続してきた生命への感謝が基本であることを再認識するしかないのかも知れません。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク