Anime in my life 1号店 絶対ロリコンだとばかり…「ハチクロ」誤解中。

絶対ロリコンだとばかり…「ハチクロ」誤解中。

honeyclover0001.jpg

少女マンガが幼女の読むマンガから脱皮して数十年の歳月が過ぎました。日本では純粋幼女から純粋老青年まで幅広い読者層を抱えています。表の顔が量産技術システムを支えてきたドラゴンボールやポケモンだとしたら一方で精神面の高度化を裏打ちさせてきたのが千変万化の乙女心の支持を得た少女マンガ群でしょう。

「ハチミツとクローバー」は典型的な少女マンガ。注目作ではあるけれど、話題作でも問題作でもない。むしろ少女マンガの世界では凡庸といってもいいほど「ふつうの」作品だし、アニメもそれを超えた表現をしている訳でもない。

しかし、アニメが少女マンガを完璧に消化できることを実証した数少ない作品であり、当たり前に「フツーの少女マンガ」をやっているけど、他国が逆立ちしても出来ないことを苦もなくやっていることでは映像界の奇跡と評価できるのではないだろうかと、密かに思っています。

この作品一作だけを評価するのではなく、ここまで歩んできた少女マンガとアニメという普通考えれば相容れない概念をすんなりと融合させ醗酵させることに成功してるということへの正当な評価と思っていただきたいのです。

何とも永い醸造期間われわれはこういう作品が完成するのを我慢してきたことか。それは「王朝文学」「浮世絵」や「アニメ」が日本のみならず世界に認知されていく過程に酷似しています。国内では当たり前のこととして注目もされていないが、作品を作り上げてきたそのユニークさ、創造性は他国の追随を許さないのです。

「ガタガタ言うな兎に角見やがれ!」という様な乱雑、ツッケンドンな対応ではなく、やんわり静かに「こういう物語を作りました。お口に合わないかも知れませんが、一口だけでも食べていただければ幸せです。」という物言いになるわけです。

公式ホームページは以下の通り
http://www.hachikuro.net/
http://comics-news.shueisha.co.jp/common/hatikuro/
http://annex.s-manga.net/hachikuro/main.html

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アソビットで「ハチクロ他」トーク&上映会

『アニメでもっと!アソビット!!』トーク&上映会6/4(土)AM12:00~「トリニティ・ブラッド」「ハチミツとクローバー」「シャッフル!」「フルメタル・パニック!」「強殖装甲ガイバー」各作品のDVD、CD、コミックス、小説をご購入の方(定員になり次第終了)詳細は>http://

ハチミツとクローバー (1)

先日、大人買いした『ハチミツとクローバー』ハマった!!どっぷりとハマった!!買ってよかった。自分で言うのもなんですけど、見る目あるなオレw人が恋に落ちる瞬間、見させていただきました。それにしても、アニメを途中から見ていただけだったので、まさ

ハチミツとクローバーの名言集 1巻、2巻、3巻

ハチクロは、読んでいてとっても切なくなるセリフがよくあります。なんか、胸が切なくなって苦しくなるんですよね。そういうところないですか??■ハチミツとクローバー 1巻真山:『ああ』『そうか』『これが』 人が恋に落ちる瞬間なのですね!森田:『そうか

□ハチミツとクローバー 今夜無いの?&気分転換w

ハチクロ今夜無いみたいですねぇ、新聞見たらサッカーワールドユースの試合が入ってた。先週の最後のテロップにあったから東海地方だけって事は無いと思うけど・・・にゃんと無く肩透かしな感じで やる気が無くなったデツヨ・・・、というより最近バイオリズムが低下中で

こんてぃにゅ~SPECIAL

「ハチミツとクローバー」(略して「ハチクロ」)にはまってからというもの羽海野先生の名が載ってる雑誌をはしから読み漁ってる私です(笑)もう先生の「羽」の字やハチクロの「ハ」の字が目に入っただけで反応してしまう!…アホです。アホアホです^^;もう最近は雑誌なんて

人気少女マンガベスト10発表!

 週刊エンタテインメント誌「oricon style」は11月4日発売号で、読者及び、オリコンの自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による、今、

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックどうもです~^^

ハチクロはいきなりブレイクしたというよりさざなみのように徐々に浸透していって人気作になったそうです。だから「とにかく見ろ!」っていう自己主張が作品自体にないのかもしれません^^
原作の羽海野先生のインタビューとか読んでても本当に謙虚すぎるくらい謙虚な人で、人柄が作品にあらわれてるんだな~と思いました^^

何という美しい言葉

「謙虚」「人柄」という単語は日本人だから使える単語のようなきがします。

日本以外の国ではネガティブイメージですよ。

ちょうど正反対のことをやっているのが反日キャンペーンを繰り広げている国や団体でしょう。「横柄」「厚顔無恥」とかが徳目になっている連中というしかありません。

つめ以外の垢を呑んで九回くらい生まれ変わって欲しいものです。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク