責任とってネ❤「革命機ヴァルヴレイヴ」

vvvsnap5-0.jpg
今回は丸々一本ビューティフルドリーマー。ただ、ラムだっちゃさんが電撃折檻するのは浮気が発覚した後という、ルーミックワールドでは起こり得ない泥沼展開だということ。エルエルフ君はハルトの情事現場を押さえてシッカリ強請りのネタにすること間違いありません。面堂のようなチェリー君では無い(非DT)ってコトをあからさまに証明してくれることでしょう。

エロ餓鬼ばかりの学園天国は避妊も堕胎も思い通り。野放図な爛れた男女愛欲絵図が繰り広げられる筈と思うのは、日本文化を知らない下衆の考える事。彼らは諸☆の正統後継者。馬鹿で能天気だけど、残酷でも不人情でもありません。何故そういう事が判るかというと、彼らの使っている言語が日本語だからです。言語とは思想であり、宗教であり、文化の根源なのですから、他の言語はいざ知らず、日本語を基層に持った文化が基本的な情緒、信条が断絶する筈もありません。

日本以外の国では「残虐表現だ」「幼児虐待だ」「人種差別だ」と喧しい論議がおこる悪平等主義や教条主義とは無縁に自由闊達な文化活動はジオールでも健在の様で。
これは「表現の自由」をいくら憲法や法律で規制しようと撲滅できるものではありませんそもそも「竹取物語」から始まって「ラノベ」に至る創作活動で、「これは禁じ手」などといった意識で描いていて楽しめる筈もないでしょう。遣りたいことを思うがままというのが日本人の信条です。


MBS「革命ヴァルヴレイヴ」公式サイト
http://www.mbs.jp/valv
サンライズ「革命ヴァルヴレイヴ」オフィシャルサイト
http://www.valvrave.com/






TB一覧
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-1132.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2176.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3268.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-762.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3707.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-983.html
http://blog.goo.ne.jp/mio793/e/84da60d8e42aa0de6e986e120d6dd2d5
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1659.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/94bfd41a1e3152dd50208db8c6d0823f
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-ent-1603.html
http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-3215.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2227.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6901.html
http://tohazakki.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
http://blog.goo.ne.jp/sakino-k/e/adfab9e4ca3b1afb2c163ba9af2fa985
http://animegane1216.blog.fc2.com/blog-entry-151.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2798.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67868826.html
http://4wd555.blog.fc2.com/blog-entry-2563.html
http://hissy00.blog39.fc2.com/blog-entry-2071.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2713.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8617.html
http://rese912.blog38.fc2.com/blog-entry-2211.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4232.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tebuku/32082725.html
http://takotakotakoyaki.blog52.fc2.com/blog-entry-4594.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-5103.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-1018.html




1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴 (革命機ヴァルヴレイヴ)1/144 ヴァルヴレイヴIII 火神鳴 (革命機ヴァルヴレイヴ)
(2013/06/30)
バンダイ

商品詳細を見る


歌うスフィアが勢揃いしたら、ナナニーや他の歌い手も黙ってはいられないでしょう。
238.jpg
どんなに革命を起こそうと、日本人の社会に大統領制は馴染みません。
何故なら天皇を抜きにした社会秩序が存在できないからです。
「そんな設定微塵も存在しないじゃないか!」という輩は想像力の欠如した人です。
「(創造)主の像は刻んではならぬ」「その名を濫りに口にすべからず」という古代ユダヤからの神聖観を知っているなら、畏れ多くも仮定の世界であっても言の端に俎上するのは絶対の禁忌というものです。

それはイスラムに対し、「マホメッドなど必要無い。」「コーランは消えてなくなる。」と言っているのに等しい。自分は同胞縁者の将来に何の希望も責任も持たないと考えている人間以外は、軽々しく表明すべき言葉ではないでしょう。
vvvsnap5-1aa.jpg
元アイドルなら少なくとも制服は特注しておくべきでしょう。最低限下着は見せパン、見せブラは勿論のこと、見せ乳首、見せ●毛も備えあれば憂い無し。普段からボイストレ、ボディシェイプ等あらゆるスペックを磨きに研いて当然です。
女王さまキャラまで完全に「穿いてない」フラグ立てまくるのは、脚本陣の屋上呼び出しを回避する免罪符なのですね。

ハルトが人でないことをショーコちゃんが知らないのをいいことに、二人だけの秘め事に血道をあげるサキちゃん策士。女の子から先に随喜してしまっては、淡路島よりサキに蛭子様が生まれてしまいます。
ヴァル子ちゃん。これはセックスではなくて、美人局とか籠絡の類ですよ。ほら、据え膳食わぬは失礼に当たる。スフィアに入りてはスフィアに従えって謂うでしょう。
vvvsnap5-2.jpg
ジオールの通貨が「」だったのはいいとして、ドルシアとアルスにも互換できる共通カレントというのなら、造幣局を新設しなくては大変なことになります。交易の為の準備外貨をストックしないことには早晩経済的破綻に追い込まれるからです。

テーマ : 革命機ヴァルヴレイヴ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」

独立学園国からのメッセージ…。 ダイソンスフィアから切り離され、宇宙を漂うこととなったモジュール77。 独立を謳ったハルトたちは、子供だけの楽園を満喫していた。 しかし、...

「革命機ヴァルヴレイヴ」第5話

ふたりぼっち… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305100003/ 1/144 ヴァルヴレイヴI 火人 (革命機ヴァルヴレイヴ)バンダイ 2013-04-27売り上げランキング : 61Am...

革命機ヴァルヴレイヴ 5話「歌う咲森学園」の感想

女心とモジュールの空。 大国のにらみ合いという状況下なので政治的に後回しにされた子供たちが、 危うい平和を謳歌してる、というような話なんだろうけど、まぁバカっぽ過ぎる。...

革命機ヴァルヴレイヴ 第05話 「正妻の本気」

ショーコ「おりゃああああああああああーーーーーーー!!!!」 ショーコ「一度やってみたかったんだぁ~!」 ハルト「ただのDQNじゃないか(呆れ)」 ハルト...

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」ざっくり感想

機体が綺麗なのと、ピンク色の使い方が印象的で面白い。 ピンク色自体も 鮮やかで とてもいいんだけどな・・・どうしたことだか・・・学生のもろもろはスルーの方向で。。 もう

(アニメ感想)革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」

投稿者・綺羅 1/144 ヴァルヴレイヴ (革命機ヴァルヴレイヴ)(2013/04/27)バンダイ商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜9時半からアニメ系ネ

革命機ヴァルヴレイヴ・第5話

「歌う咲森学園」 学園が独立宣言をし1週間が経過。ドルシアとアルスがにらみ合う中、学園は拍子抜けするほどの平和で、大人がいないのを良いことに、生徒たちはネバーランドの

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」

あらすじ・・・独立から一週間がたち学園の生徒たちは大人のいないネバーランドを満喫していた。そんな中、人口太陽から離れて生活環境を維持するためにモジュールのシステムに負 ...

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話 「歌う咲森学園」

「この事、二人だけの秘密にしてくれないか」 ハルトとサキだけの秘密 モジュール77の地下に隠されてた機体――!    ショーコが独立宣言をしてから1週間―――! ドルシ

革命機ヴァルヴレイヴ #05

『歌う咲森学園』

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話 歌う咲森学園 メガネ感想

洗濯メガネ。

【アニメ】革命機ヴァルヴレイヴ 第05話 「歌う咲森学園」 なぜ歌う!? いったいどうなっているw

4484 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/05/10(金) 01:37:03 ID:??? 何やってんだw

『革命機ヴァルヴレイヴ』#5「歌う咲森学園」

「ジオールの皆さん、僕らは元気です。 この歌が届くなら、きっとまた会えます。信じましょう」 ショーコの提案により独立したモジュール77は、 ARUSとドルシアのにらみ合いにより

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話 あらすじ感想「歌う咲森学園」

子供しかいない国------!! ショーコの独立宣言から1週間。 ドルシアとアルスは睨み合いを続けているだけで、ハルトたちのモジュールは拍子抜けするほど平和なよう。 自分たち

革命機ヴァルヴレイヴ 第5話「歌う咲森学園」

ショーコの独立宣言に賛成意見多数で学生たちだけで独立することにした咲森学園の生徒達 食料揉んだとかいろいろどうなってるのかと思ったけどインスタント麺ですませてたとは 棚

革命機ヴァルヴレイヴ 第05話 感想

 革命機ヴァルヴレイヴ  第05話 『歌う咲森学園』 感想  次のページへ

革命機ヴァルヴレイヴ第5話『歌う咲森学園』の感想レビュー

1人旅団よりもふたりえっち…もとい、ふたりぼっちのが好きでござる(*´∀`*)ポワワな、サキさんマジヒロイン!回でした。 ハルトへの好意は今までも少しずつ描かれていた気がしま

コメントの投稿

非公開コメント

サキが4号機パイロット?。ハルトは真実を語れ!!。

・ついに待ちに待った眠れる巨人達=ヴァルヴレイヴ3~6号機、エルエルフの導きの下、発見。世間ではヴァルヴレイヴは1機だけという事になっているが、復活させたら戦局は大きく変わりそう。特にドルシア側のアードライは例の平和ボケしたネット放送に相当お冠の様子。話によれば、ハルトと共に戦う戦友第1号は“流木野サキ”と話が上がっていて、ヴァルヴレイヴ4号機に乗るという事になっているが、自分的にはショーコが乗りそうな予感がする。

・他のヴァルヴレイヴが復活したら、ハルトが抱えている不老不死の体とマギウスの力の事をショーコを始め全校生徒に嫌でも伝わりそうに思える。そうしないとルルーシュや集、話さなかった知らなかったという事で周りから反感を買い、反目の的になったという前例があるから、できれば早めに話す事を祈りたい。

一個師団が野放しで

殺人鬼が一人社会に紛れ込んでいるだけで、世間は戦々恐々とするのに、一個師団が町中に潜伏していたら戒厳令どころじゃ済まないでしょう。

それは小学校の隣のアパートで幼児誘拐事件が起こった時よりも深刻な状況であることは、日本以外の国では当たり前のこと。
でも、何人の幼児が惨殺されようが瞬間慌てふためくが大山鳴動。何百年経とうが、基本的な生活態度は微動だにしません。


>他のヴァルヴレイヴが復活したら
思慮深い(LOL)エルエルフ君が何故速攻で操縦席に鎮座していないか。そこがポイントだと思います。先ずは、ゾンビになったら生殖能力はどうなるのか見極めてからでないと、恐ろしくてソンナ博打できませんわな。彼の野望はお小姓を百人作ることではなくて、銀河の果てまで自分の子孫を繁栄させるコトだと見ました。

プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク