Anime in my life 1号店 絶賛がとまらない!!!「この世界の片隅に」

絶賛がとまらない!!!「この世界の片隅に」

konosekai2016-suzu2.jpg
当ブログのプロフィールでサイン色紙を紹介しているアニメーターの松原秀典さんが歴史に残る偉業を成し遂げました。
本年最大の空前絶後トピック映画「この世界の片隅に」を作画監督したのです。

松原秀典さんの劇場アニメといえば「ああっ女神さまっ」が過去最高のモニュメントだと自分勝手に思い込んでいたのを恥じ入るばかりです。

ご存知の通り「この世界の片隅に」はジブリ亡き戦国時代のアニメ界において、決してダークホースの候補にさえ目されないマイナー作でした。それは通常公開館数の四分の一五分の一ともいえる63館からのスタートを余儀なくされたことからも一目瞭然でした。

四国で封切日から観覧できたのは香川の宇多津イオン1館のみで、私は片道二時間余(これでも特急)入場料の10倍の交通費を払っても見に行きましたとも。そして、前評判に違わぬ傑作だと確信し、翌週には聖地呉市ポポロまで繰り出すことになったのです。

実は香川へ行くよりも呉市に行くほうがアクセス的にはお手軽だったりします。高知や徳島なら尚更ですね。四国が日本最後の秘境と言われる所以です。年内に高知、大晦日に松山でも公開、年明けには今治でも追加上演の運びになったのは目出度い限りですが、徳島の人々にはお悔み申し上げるしかないですね。


劇場アニメ「この世界の片隅に」
http://konosekai.jp/





TB一覧


声優としてののん(能年麗奈)には驚かされました。こんなに感心したのは堂本光一以来だわ。
矢張りアニメの監督もピンキリで、実写の監督および脚本家は瞑すべしでしょう。
konosekai2016-suzu1.jpg
呉ポポロは鄙びた小じんまりシアターでした。
それでも地元だけあって、映画の日とはいえ還暦以上のsenior層が早朝から詰めかけるというアニメ映画には有るまじき風景を見させていただきました。



konosekai2016-suzu3.jpg
「君の名は」の評判だけが独り歩きしている日本メディアは相変わらず歪んだ世界です。戦前日本は永遠の『悪』であり、優れた特亜が未来永劫断罪する権利が有るなどという妄想にはお付き合い致し兼ねます。

テーマ : 2016年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

四国?

お久しぶりです。
四国の映画館?
今、四国に住んでいるのですか?

原作を持っていて、監督の前の映画「マイマイ新子」も好きでしたので、初日と次の週、2回観ました。ついでに、広島出身の両親にも勧めたら、勧めた翌日に観に行ったとのこと。

のんちゃん起用のヤフーニュースで、映画化のことを初めて知ったので、のんちゃんのことは良い宣伝になったと思います。もちろん、結果も最高でした。逆に干されてなければ起用できなかった気もします。

自分にとっては、きっと何度も観返す映画になることでしょう。

「君の名は。」は、時間のずれに気付かない2人に納得いかないので、絵が綺麗でまあまあ面白かったかなというところ。




伊予の国は愛媛です。

「マイマイ新子」BDで購入しました。
山口弁も広島弁も字幕無しで理解できるほど、ご近所です。

でも関西以東の方には序幕が必須かと思います。最初「この世界の片隅に」上映スケジュールに「字幕」とあったので、英語でも表記しているのかと思ったら、標準語字幕だったのですね。聾唖者向けのはいりょというだけではなかったようです。

本当に久しぶりのコメント有難うございます!ここんとこ、そうりゅうあすかさんしかコメントしてくれなかったので感謝です。

わたくし埼玉から松山に舞い戻って、早くも一年が経ちました。

No title

今は、松山なんですね。


広島は三原の生まれの自分には、山口弁も広島弁もそれほど気にならなかったです。父方の祖母の故郷、盛岡の方が言葉がわからないです。

入場料の10倍の交通費に感服しました。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク