Anime in my life 1号店 萌えとは何かを考える「萌えよ剣TV」

萌えとは何かを考える「萌えよ剣TV」

moeken001.jpg

こんなので萌えられるか!と批難轟々の「萌えよ剣」TV。
http://www.moeken.jp/index.html

私見ですが考察をしてみました。超長文ですので興味のある方だけ「つづき」でご覧ください。
「萌えよ剣TV」の内容とは一切関係ありません。否、少しは関係あるかも?
moeyosnap001.jpg

確かにラムちゃんだったら萌えの元祖としての条件を充たしていたかもしれません。おんな乱馬も辛うじて。
これは私が一般人の人から「萌えって何だ?」と質問されて返答に窮する理由でもあります。

「萌え」は実はアニメ・マンガ・ゲームのキャラといったバーチャル人格に付随する問題で、現象は似ていても現実の肉体を持った「アイドル」に入れ込んでいる状態は「萌え」とは呼ばれないものだと思います。

何故ならアイドルは一見不可能なように見えてもチャンスさえあれば「おつきあい」が可能なのですが、「萌えキャラ」は常時お付き合いしているように見えてそれはあくまで仮想の現実であって実際に恋人関係や家族関係にはいれるわけでは無いからです。

これを理詰めで説明しようとすると有名な「ミリンダ王の問い」という循環論に陥ってしまうことでしょう。

「萌え」という言葉は確かにある。では「妹萌え」はあるが「姉萌え」があるのか?「眼鏡っ子萌え」はあるが「女王様萌え」はあるのか?「小学生萌え」はあるが「家庭教師萌え」というのはありなのか?萌えの個別現象を論(あげつら)うことはできても全体像を捉えるのは困難としか言い様がありません。

それはあくまで映像作品に登場するキャラクターの要素に準じてそのキャラクターに固有の萌えが発生するからではないでしょうか。まさにキャラクターの数だけ萌えが発生する関係にあるからです。

仏教の「空」の概念と道教の「道」の概念は支那の思想界ではよく混同されてきたと言われています。同じようにオタクの「萌え」も世界に偏在し個々人の宇宙秩序(コスモ)に内在する偉大な概念だと私は考えます。

しかも「萌え」は空理空論ではなく具体性(キャラクター)を持っているという特性ゆえに人を幸せにし(高揚感)、他人との関わり(コミニュケーション)を可能にし、経済活動(グッズ収集)にも貢献すると言う行動力を伴っている概念だと言う特徴も忘れてはならないでしょう。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動新撰組 萌えよ剣 TV 第一話 おかえりなさい

久しぶりにアクセス解析復活させてみました。新アニメもスタートするのでどのアニメに人気が出るのか興味深いです。さて、今回は7月スタートの新アニメ機動新撰組 萌えよ剣 TVのレビューです。突然ですがこのアニメのレビューは多分今回で終了します。理由は面白くなかったか

機動新撰組 萌えよ剣 TV 第1話 「おかえりなさい」

キャラクターデザインが犬夜叉でお馴染みの高橋留美子さんです。舞台は明治時代の京都。人間と妖怪が共に暮らしている世界。役所から発行される許可証を持ってない妖怪、こいつらを取り締まり京の治安を守るのが株式会社機動新撰組ってわけですね。メインの

コメントの投稿

非公開コメント

人はなぜ萌えるのか?

やっぱり屁理屈にはなりますが、こういう答えが一番シンプルな答えだとおもいます。

「そこに『萌え』があるからだ」

と・・・。

では

「萌え」は世界の合言葉

Beatlesは”All you need is love”をスローガンに世界の求心力を模索したものでしたが、LOVEでは世界は変わりませんでした。

あろうことかJHON自身が凶弾に斃れてしまうという悲劇に遭ったのですから。

21世紀になって日本は世界にアピールしています。「萌えは世界を救えるのか」と。

そんな大仰で肩肘張った気負いは微塵も無い様に見えて、生真面目に物語を作り続けるのが虚仮の一念というものでございます。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク