Anime in my life 1号店 地獄少女のトリビア21

地獄少女のトリビア21

第二期情報まだ出ません

あれほど作品中でしつこいくらい「人を呪わば穴二つ」と言い続けてきたのに。その意味を実感できてない人の何と多い事か。
浜の真砂は尽きるとも…と、石川五右衛門の歌に喩えた盗人の種と怨みの根は人の社会には不可欠なのでしょう。

韓非子が云う。例外があるからこそ「法律」は徹底しないのだ、必ず殺されると分かっていれば法律を犯そうなんてバカは現れない筈だ。
詰まりは「自分だけは大丈夫」と安穏としていればこそ自分が人を呪っていると公言できるのでしょう。恨み事を口にした瞬間、自分の地獄往きが決定したならば、癌の宣告を受けるよりも恐怖を感じていい筈なのに鈍感も鈍感、太平楽でいられるものではないでしょう。

ブッダは云う。死んだ人を生き返らせるなんて簡単なことだ。今に至るまで葬式を出さなかった家系の竃の灰をもらってくればよい。(そんな家系は存在しない)
結論として死から逃れ出る術などはない。これが死に対する心構えだとすれば、日々を精一杯生きていく事が死を乗り越える方法なのでしょう。

http://www.jigokushoujo.com/top.html

人気blogランキングへ

TB一覧
地獄少女 DVD 第六巻

2006年6月28日発売

価格:¥5565(税込)

第十六話「旅芸人の夜」
第十七話「硝子ノ風景」
第十八話「縛られた少女」

特典映像
映像特典:「地獄少女スタッフトーク」を特別収録
(レンタルDVDには収録されていません)

4つの初回生産特典

● 岡真里子描き下ろし三方背BOX
● 憂鬱カルタ「地獄あわせ」一組封入
● スーパーピクチャーレーベル
● シリアルナンバー入り地獄少女画集 全プレ応募券封入(全巻初回購入者特典)

テーマ : 地獄少女
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「死」という感覚

「畏怖」としての「死」が形だけの知識になって、しまっているのかも。
人を呪えば、「対価」として自分にもかかってくることを自覚しているはずなんですが、コミック版を読んでいると、死ぬまでは普通に生活できるという「執行猶予」がなんだかなぁと思ったり。
アニメ版は名古屋では放送してくれなかったので、あいちゃんがターゲットを地獄に送る理由もイマイチつかめてないのが現状です。

では
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク