Anime in my life 1号店 地獄少女のトリビア34

地獄少女のトリビア34

妹より綺麗な血の繋がった兄なんているわけない!

神話の時代神代の世界では最初の人類が兄妹近親相姦になるのは仕方の無いことです。パートナーの選択肢がないのですから。
日本でも御他聞に洩れずイザナギイザナミは兄妹婚に間違いありません。アマテラスとスサノオも同様です。なにせ禊や祓いをすれば神様が生まれ出る世界ですから。

それが人の世も下ってくると兄妹婚のタブーが発生してきます。

有名なのが木梨軽皇子(かるのみこと。ノリタケではありません。)と絶世の美女衣通姫との古代最大の悲恋話。

この「軽(かる)」とか「間人(はしひと)」とかが忌み名に付いてる皇族は百パーセントの確率でスキャンダルを起こした人達です。
(例:聖徳太子の母穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)。夫の息子と結婚した。)


こういう近親婚のタブーを犯す人達というのは必ず美男美女ですが美男美女が必ず近親婚かというと、これは論理的に高確率ではないかと推測できます。何故なら彼らはナルシストの傾向があればあるほど他人に関心が向かず自分に似た異性を追い求める結果としてそういうことになるのでしょう。

少女漫画では枚挙に暇がありません。
一条ゆかり「こいきな奴ら」のジュディス・ジュデェス兄妹
樹なつみ 「八雲立つ」の布椎姉弟
女流作家ななら一度や二度は手に染めているモチーフです。それ専門なると問題があるのはいずこも同じアナコッポラですから。

公式ホームページ
http://www.jigokushoujo.com/
http://www.mxtv.co.jp/jigoku2komori/

人気blogランキングへ

TB一覧
http://bkwfloor.blog73.fc2.com/blog-entry-301.html
http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1030.html
http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50462502.html
http://notokawaiiyonoto.at.webry.info/200612/article_16.html
http://yaplog.jp/miracle-8m/archive/17
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-391.html
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-391.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50740320.html
http://atdiary.blog4.fc2.com/blog-entry-1283.html
http://penpen-shogi.moe-nifty.com/sasayaki/2006/12/post_698f.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-47.html
http://le-mouvement-premier.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_d46a.html
http://ameblo.jp/hannbaiki/entry-10020945140.html
http://kingear.blog17.fc2.com/blog-entry-921.html
http://blog.tiphere.com/?eid=570964
http://www.mypress.jp/v2_writers/kasumidoki/story/?story_id=1536867
http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-274.html
http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2006/12/post_439f.html
http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-434.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2006/12/__b74b.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-510.html
http://blog.livedoor.jp/emanon7/archives/50634575.html
http://blogs.yahoo.co.jp/mireiyumoe2/44111938.html
http://chalcograhie.blog21.fc2.com/blog-entry-1942.html
http://gokuuyo.at.webry.info/200612/article_2.html
http://ameblo.jp/futureless/entry-10020947275.html
http://blog.goo.ne.jp/aki019j5237/e/94175a07b3f0b4a880285b1e35aecbcf
http://lune.at.webry.info/200612/article_10.html
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/blog-entry-808.html
http://youtubeanisoku.blog78.fc2.com/blog-entry-139.html
http://raitoningu.at.webry.info/200612/article_2.html
http://momodori-2.seesaa.net/article/28834438.html
http://momodori-2.seesaa.net/article/28834438.html
http://blog.goo.ne.jp/yatamega/e/8d79bca92177eaf0efa58dcfc29b4989
http://yuto11.seesaa.net/article/28882139.html
http://blog.cosi-cosi.com/archives/50322341.html
http://anime-review.sblo.jp/article/1411326.html
http://blog.goo.ne.jp/yatamega/e/8d79bca92177eaf0efa58dcfc29b4989
http://honwoyominagara.seesaa.net/article/29051916.html
http://kazus.blog66.fc2.com/blog-entry-1454.html
http://summergosummercome.blog59.fc2.com/blog-entry-138.html
http://semakuteasai.blog49.fc2.com/blog-entry-230.html
http://blog.livedoor.jp/onochi/archives/50790037.html
http://judas.blog74.fc2.com/blog-entry-79.html
http://y-no-arashi.jugem.jp/?eid=389
http://blog.livedoor.jp/kuma_road51/archives/50840664.html
http://zeronogotoku.blog.shinobi.jp/Entry/301/
http://smallanimer.seesaa.net/article/28825325.html
http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-10021039075.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50681977.html
http://blog.livedoor.jp/unsteady302/archives/50881352.html
http://maharia.blog.ocn.ne.jp/chunou/2006/12/_9__a7ca.html
http://mastermind.blog6.fc2.com/blog-entry-1087.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50742680.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-516.html
http://mayonaise.blog3.fc2.com/blog-entry-798.html
http://hespaus.blog41.fc2.com/blog-entry-130.html
http://gazextuto.blog75.fc2.com/blog-entry-37.html
http://key623.blog2.fc2.com/blog-entry-3377.html
http://helltohell.blog83.fc2.com/blog-entry-13.html
http://sohurahura.blog67.fc2.com/blog-entry-287.html
こちらがお兄さん。瑞穂ちゃんには敵わないなりにも美人です。


腰の捻り具合とかポージングをどうやって身に着けたものなのか?瑞穂ちゃんといい天性の女装マニアは侮れません。


脱ぐしか色香を発揮できない妹は女としてのプライドを粉微塵に…



家族団欒でこのアニメを見ている家庭はどのような家族構成であろうと気まずいくうきになること必定です。
地上波だから寸止めですんだとは 思えません。


ついに発売決定!二籠 DVD第1弾
今回のDVDは2巻入りの特別仕様。全箱購入特典も地獄級の豪華仕様でお届けします。

2007年1月24日(水) 予約受付中!
価格:\10,500(税込) 品番:ANZB 2470
DVD2巻組(第1話—第6話収録)

完全限定生産 豪華6大特典
● 岡真里子描き下ろし三方背BOX
● 各話を詳細解説・特製ブックレット
● 特典DVD(能登麻美子「あいぞめ」PV)
● 憂鬱カルタ「地獄あわせ」一組封入
● スーパーピクチャーレーベル
● 全箱購入者特典応募台紙封入

全箱購入者特典
● 憂鬱えほん「地獄少女」 作:金巻兼一 絵:岡真里子
  読み聞かせCD付き 声:能登麻美子

兄貴は攻め専だったので同じ性癖を持っていた妹としては応えられなかったなんてことは

テーマ : 地獄少女 二籠
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 二籠・第9話

「あにいもうと」 実の兄を地獄へと流そうとする少女。彼女は、いつも恋人に振られて

地獄少女 二籠 第9話

『あにいもうと』「私は閻魔あい…」「お兄ちゃんの妹と見せかけて、フェイントをかけたなの」祝コント復活! しかし、まだまだウォーミングアップなので、本番は来週w で、今週のお話。今回は、設定だけでドキト

地獄少女 二籠 第九話

 恋人が出来ても、すぐ別れ話を持ち出されてしまう真帆。その理由は決まって、他に好

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第9話 「あにいもうと」

地獄少女 二籠 箱ノ一彼が出来てもなぜか、すぐにふられてしまう真帆。しかし、家に帰ればそんな真帆を優しく励ましてくれる兄・幹夫がいます。しかし、真帆はそんな兄に対してある複雑な感情を抱いていたのでした・・・。

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第9話 「あにいもうと」

地獄少女 二籠 箱ノ一彼が出来てもなぜか、すぐにふられてしまう真帆。しかし、家に帰ればそんな真帆を優しく励ましてくれる兄・幹夫がいます。しかし、真帆はそんな兄に対してある複雑な感情を抱いていたのでした・・・。

地獄少女 二籠 第9話

「あにいもうと」近親相姦&女装キターっっ!!前回の次回予告で妹の恋人を兄が奪うとか言ってたから嫌がらせ・無自覚・近親相姦のどれかだとは思ってたのですが、一番ヤバい近親相姦ネタできました。しかも、綺麗と

地獄少女 二籠 第九話「あにいもうと」

両親はおらず、兄と妹の2人暮らしだった。妹を愛する実の兄は売れっ子モデルで女装をしても妹より遥かに綺麗なのね。その兄は、妹に恋仲になりそうな男性が現れると、その容姿で男達を誘惑し、妹の彼氏を奪ってしまう。妹さんが今回は依頼人でした。

地獄少女 二籠 第9話

再び少し予想外な展開。ストーリーが、ではなくて単にあのお兄さんがユニーク(^_^;)

地獄少女 二籠 第09話 「あにいもうと」

地獄少女 二籠  評価:3.5  [現世版『スカイハイ』]  アニマックス : 10/07 19:30  東京MXテレビ : 10/07 22:00~  MBS : 10/07 25:55~  キッズステーション : 10/10 24:00~  CBC : 10/12 27:20~  原案 : わたなべひろし  監督 :...

地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」

■やらないか? というわけで第9話。今回はド変態兄貴が大括約するお話でございます。とくとご覧あれ。アッー!!■今回の依頼人は須崎真帆。なんと実の兄を地獄送りにしようと画策しております。その依頼にいつもは

地獄少女・二籠 第09話「あにいもうと」

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ・演出:中山岳洋 作画監督:野口和夫 総作画監督:岡真里子毎度ナツコさんはやってくれるなぁ。兄はオカマだと予想してたのに、女装で男を魅了するモデルさんだったとは。おまけに近親相姦、予想の斜め上を行ってました。兄が妹を溺愛して体を

地獄少女 二籠 9話感想 『あにいもうと』

名前は?須崎真帆 憎んでるのはモデルの兄貴か?お兄ちゃんは綺麗 私なんかよりずっと でも だからって 私の恋人を奪うなんて… 全然分からねぇ  お願い…お兄ちゃんを地獄に流して 怨み聞き届けたり          &nbs

地獄少女 二籠 9話「あにいもうと」

須崎真帆(CV:神田朱未)は、地獄通信に兄・幹夫(CV:森久保祥太郎)の名を書いていた。あいは彼女の書き込みに、凄まじい業を感じるらしい?そして、あいが彼女の所へ行く時、なぜか付いて行く一目連で。あい達が真

【地獄少女 二籠】 第9話 "あにいもうと"

→愛し合う兄と妹の話

地獄少女 二籠(9)

[アニメ 地獄少女 二籠 第九話 「あにいもうと」]次回予告のタイトルが笑えすぎる。++「人には越えちゃならねえ一線がある。それを無視しちゃいけねえや。」(輪入道)そこを越えた時、人は人の世界で生きて

地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」

第9話 「あにいもうと」兄と妹の愛憎の結末――。んー、正直ニガテな内容です^^;兄・幹夫の名を地獄通信に送った須崎真帆。あいは、すさまじい業を感じる。興味を持った一目連が、担当を願いでる。何か過去に兄妹って

眠すぎる…。お願い、世界バレーとサッカーを地獄に流して!

. 土曜の夜遅くといえばいいのか、日曜の朝早くといえばいいのか…午前4時から始ま

地獄少女二籠第9話

二籠第9話。あの予告はなるほどこういうことだったのね(笑)。暗いそして重い。さすがは地獄少女というか・・・今回もヘビーな内容。愛と憎しみは表裏一体、エネルギーのベクトルが正か負のどちらに向いているかという違いだけなので依頼者の心情もありえなくもないで

地獄少女 二籠 第9話 「あにいもうと」

「きも~い!」 いえ、ラストでのきくりちゃんの発言ですが、端的に今回の話を締めていました。 前回の予告を見てから、あまりに直球ストレートなタイトルと予告の内容

地獄少女 第9話 あにいもうと

目の前に暗い空間が現れて、そこに現れたのは裸の真帆だった、が…その後ろからあいちゃん登場!って、その角度から現れたら幹夫の『禁則事項』が丸見えだぞ!きくりの最後の台詞がユニークですね。良いのか悪いのか分かりませんが。

地獄少女二籠第9話

地獄少女二籠 第9話「あにいもうと」妹に彼氏が出来そうになるたびに、兄に寝取られるというすごい話。寝取られるって・・・いくら綺麗でも、お兄さんは男ですよ。なぜみんな妹を捨ててお兄さんの所に行こうとするんでし

地獄少女 二籠 9話

今回の地獄少女 二籠は、兄妹の禁じられた愛。今回も歪んだ愛ですね。依頼者・須崎真帆を神田朱美さん、ターゲット・須崎幹夫を森久保祥太郎さんが演じました。

地獄少女 二籠 9話レビュー

妹萌えも過ぎると地獄に流されて、幼女にキモい呼ばわりされるってことですか。残念ながら、僕には、妹も姉も兄弟も居ないので、ちょっと感覚が掴めないのですが、兄貴が行き過ぎなのは判るけど、それでも地獄に流される

地獄少女 第9話

第9話あらすじ兄が大好きだけどすごく憎んでいると言う真帆。兄を地獄へ流したいとアクセスしてきて、担当は一目蓮。様子を見ていると、男の子にふられてしまいます。「好きな子が出来た」という理由らしく、あっさりと身を引く真帆。いつも面倒を見てくれている美男子でモ

地獄少女 二籠 第九話 「あにいもうと」

 少女が告白された。 しかし次の日には、彼は去っていく。 次の彼も、次の彼も、皆、去っていく。 彼らは少女を嫌ったのではなかった。 新たな、より熱く燃え上がる恋を見付けたのだ。 その相手は、 他ならぬ少女の兄だった――。

地獄少女 二籠9話「あにいもうと」

BLでも百合でも無く、お兄ちゃんは妹萌えですた。生まれる前から好きって…キモーイ!

地獄少女 二籠 第9話

先週の予告では、お兄ちゃんが自分の彼氏を奪う・・・という事で、お兄ちゃんは同性愛者なのかと期待に胸躍らせたのですが・・・全然違いましたよ・・・とほほ。近親相姦と同性愛・・・全然違うじゃん!!お兄ちゃんは妹

地獄少女 二籠 第9話

アニメ感想 地獄少女 二籠 第9話「あにいもうと」 <あらすじ> 大好きで大嫌い優しくて残酷愛しくて憎い須崎真帆(すざき・まほ)には、そう思える兄・幹夫(みきお)がいた。すでに両親が他界している須崎

地獄少女 二籠 第9話+<実写版>『地獄少女』第5話

地獄少女 二籠 箱ノ一〔DVD〕地獄少女 オリジナルサウンドトラック地獄少女 オリジナルサウンドトラック 二【あにいもうと】最後の締めが、きくり:「きも~い!!」の酷い一言です。地獄通信の使い方、こういう使い方もありですか…。これまた後味の悪....

地獄少女 二籠 第9話感想

地獄少女 二籠 第9話・「あにいもうと」 野球シーズンが終わっての世界バレー・・・キツイっすね・・・ 録画時間多めに取ってなかったら、あさっての方向見逃してた(´・ω・`) それにしても室生犀星に「あにいもうと」って同名小説ありませんでしたっけ? 今までの意

地獄少女 二籠  『あにいもうと』

 『地獄少女 二籠』第九話を観させて頂きました。【真帆】と【幹夫】。血の繋がった存在。その一線を越えはいけない存在。妹であり、女性である。そんな存在だと兄は気づいてしまった。それは生まれる以前から好きだった。妹も、そんな兄の歪んだ愛情を分かっていた。兄と

地獄少女 二籠 #09あにいもうと

「大好きなものだから 壊したくなる」 それはあいのさくらんぼのヘタを紡ぎ取る行為であり、須崎兄妹の愛憎心理でもあるのでしょう。 一目連の過去も妹絡みであることを示唆しているのでしょうか、やたら出張ってた。 愛情と憎悪は紙一重。 夕食朝食が味噌汁だけなのも愛情

コメントの投稿

非公開コメント

神さまのヤることは良く解りません。

神さまでも「蛭子」の例をとっても近親婚がタブーとなることを「人」は男系や女系或いは奇形が続き、これはいけないと本能的に感じ取ったんでしょうね。

ただ、DNAのルーツをたどっていくと1人の女性にたどり着くとか。
でも、その女性のDNAに遺伝子を提供した人たちはどこへ行っちゃったんでしょうね?(笑)

>最凶の幼なじみネタ
架空の世界では、一卵性の兄妹がよく描かれてますよね。
同じ顔持っていて、同じ環境で育った、幼なじみでもあるんです。
まあ、一種のナルシストでもあるんですが・・・。

やっぱり、タブーは女の子にとってドキドキのネタなのかしら?

まあ、それを若干ゆるくしたのが、従兄妹カップルで、次がお隣同士とか、親が親友同士のパターンですかね?

では

蛭子さんの名誉の為に言っておくと

あれはお母さんがお父さんより速くイッテしまったので、夫婦の営みが正常にいかなかっということの言い訳神話なのでした。

もう一つ穿った見方をすると、天照様の本名は大日女(おおひるめ)なので彼女と対になる大日子(おおひるこ)を伝承から抹殺したかったという意図があったのでしょう。

蛭子は別名を恵比寿となって七福神の中に坐しますので、とりわけ不吉ということでもないのです。

少女マンガでは男女の双生児というのもよく見かけますね。
草分けは大手塚の「双子の騎士」(リボンの騎士の続編)
山本鈴美香の「七つのエルドラド」
入れ替わりネタが使えますからね。

初めましてムクロと申しますw履歴からきましたw
ぅわ~㊤地獄少女のトリビアですかぁ!ィロ②見させてもらいました㊤ 
ォ暇になったでイィのでまた遊びに来て下さぃませw笑でゎ②失礼しましたm(._.)m

遅刻少女♥可愛かったですぅ

あいちゃんが登校するときは輪入道の送り迎えが付きそうですけど。

あいちゃんの実年齢は13歳のままで止まっているんでしょうね。でなきゃ四百歳の婆さんなんて年齢的に惚けようもないし。

何万年もの人類の歴史から見れば1歳も400歳も大差ないてことなのでしょう。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク