Anime in my life 1号店 地獄少女のトリビア37

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄少女のトリビア37

幼女を虐待するくらいなら何故譲ってくれないの、いじわる!!

一体どんなコミュニケーションが母子の間にあったのだ?よっぽど父を美化して伝えなきゃ娘がエレクトラコンプレックスになるなんてことはないであろうに。

是非悩める孤独なお父さん方に教授して欲しいものです。
その教育メソッドを研鑽すれば世のロリコンさん達にも朗報となることでしょう。その効果くもん式の比ではございません。

もう一つ疑問なのは聖人のような父を殺したのが悪魔のような母だという刷り込みがされたとして、息子一番の祖母が憎い嫁の娘を可愛がることが演技でできるのかってことです。どうも脚本に無理があるような。

もっくんは刀の付喪神だということなんですが、サービスシーンもあったりで、母親よりも娘にほれ込んでいたとしか思えない行動をとりましたね。それでコギャル好きの輪入道と対立したのか、妖怪の恋愛表現も複雑です。

日本は「記紀」の時代から刀が神様であるのは当然で、神社に祭られているものもいれば、消耗品として次々廃棄されてきたものも多いことでしょう。神様と人間の間に子供が出来ることもあり、子供が神様になることもありってのが融通無碍なアニミズムの便利なところです。

ですから寧々ちゃんも何が切っ掛けで妖怪や神様の子を孕むとも限りませんし、お母さんよりも自分の事を大切にしてくれる物の怪たちには暖かい眼差しで持って接して欲しいですよね。

ロリコンからの切ない、真摯なお願いでした。

公式ホームページ
http://www.jigokushoujo.com/
http://www.mxtv.co.jp/jigoku2komori/

人気blogランキングへ

TB一覧
http://kikurixhibari.blog89.fc2.com/blog-entry-21.html
http://omochiyasan.blog69.fc2.com/blog-entry-504.html
http://gokuuyo.at.webry.info/200702/article_5.html
http://bonnie.blog4.fc2.com/blog-entry-322.html
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/blog-entry-840.html
http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1157.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nanajigo/44833351.html
http://ameblo.jp/hannbaiki/entry-10024897013.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-129.html
http://madamon.blog54.fc2.com/blog-entry-301.html
http://kazus.blog66.fc2.com/blog-entry-1748.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50047271.html
http://zudon.blog18.fc2.com/blog-entry-1091.html
http://ageha1213.blog63.fc2.com/blog-entry-79.html
http://yfuji.moe-nifty.com/compass/2007/02/post_5bad.html
http://kingear.blog17.fc2.com/blog-entry-1014.html
http://atdiary.blog4.fc2.com/blog-entry-1378.html
http://gensomukyo.blog87.fc2.com/blog-entry-39.html
http://animebun.blog89.fc2.com/blog-entry-111.html
http://picorock.blog85.fc2.com/blog-entry-41.html
http://judas.blog74.fc2.com/blog-entry-132.html
http://crossmoon.blog36.fc2.com/blog-entry-225.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-571.html
http://ameblo.jp/futureless/entry-10024914892.html
http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/02/post_a792.html
http://yuto11.seesaa.net/article/32821400.html
http://raitoningu.at.webry.info/200702/article_4.html
http://blog.zaq.ne.jp/ponpon/article/118/
http://www.mypress.jp/v2_writers/kasumidoki/story/?story_id=1564361
http://mastermind.blog6.fc2.com/blog-entry-1174.html
http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-451.html
http://blog.livedoor.jp/natsu_ki00/archives/50483286.html
http://blog.livedoor.jp/kabekabe123/archives/50901189.html
http://blog.livedoor.jp/radical_weapon/archives/50842328.html
http://blog.so-net.ne.jp/ame01night/2007-02-03
http://blog.goo.ne.jp/aki019j5237/e/9cbc0ca2f764bb3e2aad3db054fdf653
http://lune.at.webry.info/200702/article_10.html
http://blog.goo.ne.jp/library9016590115/e/24c0e7b5e50bceee57aa4af5f9e2a473
http://hirarinko2.blog90.fc2.com/blog-entry-186.html
http://harupinoheya.blog73.fc2.com/blog-entry-4.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-613.html
http://blog.tiphere.com/?eid=598179
http://futarinoneko.blog61.fc2.com/blog-entry-520.html
http://blog.goo.ne.jp/psyga_liberty/e/92144574576f297246775dc0c0a525ac
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/92144574576f297246775dc0c0a525ac/a5
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50720894.html
http://blog.livedoor.jp/onochi/archives/50851340.html
http://oboro4110.blog34.fc2.com/blog-entry-495.html
http://kusame.blog91.fc2.com/blog-entry-14.html
http://honwoyominagara.seesaa.net/article/33147159.html
ビジュアルが統一されないのはちょっと困りものです。

地獄少女の小説がついに実現!小説ではコントも恐怖に化けるかも。

地獄少女 うつろいの彼岸花 (文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E7%8D%84%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E3%81%86%E3%81%A4%E3%82%8D%E3%81%84%E3%81%AE%E5%BD%BC%E5%B2%B8%E8%8A%B1-%E5%A4%A9%E7%BE%BD-%E6%B2%99%E5%A4%9C/dp/4757733321/ref=pd_bxgy_b_text_b/249-9733391-2651516

地獄少女 恨みの紋章 (文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E5%9C%B0%E7%8D%84%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E6%81%A8%E3%81%BF%E3%81%AE%E7%B4%8B%E7%AB%A0-%E5%BA%83-%E7%9C%9F%E7%B4%80/dp/4894255103/ref=pd_bxgy_b_img_b/249-9733391-2651516

テーマ : 地獄少女 二籠
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地獄少女 二籠 第十七話「沈黙のまなざし」

一目連は刀だったんですねぇ。何度か回想でチラッとでてたけど、それだったわけですか。何度と無く肉を切り血を吸い、人の恨みがこもったその刀はまさに身をもって人の負の部分を感じて見てきたのでしょうか。今回は母親の穂波と、その母親を父親の仇と疑わ....

今日書かずにイツ書くの

という意気込みで。地獄少女 第十七話 「沈黙のまなざし」二週ぐらい書かずでしたので今日は気合十分に!!!時はいつぐらいでしょう?戦国時代?そんな時代からもっくんは存在していたようです。屋敷

地獄少女 二籠 第十七話「沈黙のまなざし」

11年前に一人の女性が自分やまだ幼い娘に対して暴力を振う夫を許せずに地獄少女と契約をして自分の夫を地獄へと流した。11年後、今度はその契約者の娘(寧々)が母親を地獄に流して欲しいとあいと契約です。なんとも悲しい因果だねえ。

『地獄少女 二籠』 #17 (2/3)感想

始まりは時代劇。美人の奥様欲しさに領主を殺した男、しかし奥様は思うままにならず、殺してしまう。依頼人の娘は、かつて彼女の母親も依頼人で、父親を地獄に送っていた。その為に一目蓮は母娘を気にかけ、仲間たちを

「地獄少女 二籠」#17 沈黙のまなざし

一目連ファン増加週間だ(・ω・)人(・ω・)ね~♪探し物は何ですか? 見つけにくいものですか? カバン(ryではでは今回の地獄少女二籠の感想です。 地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)金巻兼一、岡真里子 他 (2007/03/28)

彼も九十九神だったのか でも正体がそれだとは思いませんでした

第拾七話「沈黙のまなざし」   好きな声優さんの出演が続きますね結構気になる設定 地獄の印を受けた者が地獄送りの対象になったらどうなるのか 亡き父の母から母の事を色々吹き込まれ 祖母の代わりに母を地獄送りしてしまうのかと思いきや 娘にとっては基本的に勘

地獄少女 二籠 第17話

「沈黙のまなざし」一目連に家族って呼ばれたい!!今回はついに一目連の過去が明らかになりました。おまけに一目連の裸体(後姿)まで拝めて2度お得。事件の方は、父方の祖母にあることないこと吹き込まれて母

地獄少女 二籠 第十七話

 一目連の過去話。  刀の付喪神として生まれたときから、ずっと所有者とその周りの

地獄少女 二籠 16話レビュー

甘やかされて育った小娘が悪人に騙されて、勘違いして挙げ句周りの人間を巻き込んでとばっちりって最悪のパターン。今シリーズは、ムカつくネタが多いのは確かなんだけど、今回はまた格別でした。まぁ結局奴もこれで孤児っ

地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」:円盤投げ

一目蓮は昔刀だったことが判明。最初は人間だったと思っていたのでこれは意外。祖母「証拠が何だい!動機だけありゃ十分だろ」いや証拠がないと無理だろw確かに激昂したらこんなことを言ってしまうかもしれ

地獄少女 二籠 第17話

アニメ感想 地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」 <あらすじ> 千脇寧々(ちわき・ねね)は、女手1つで育ててくれている母・穂波(ほなみ)が嫌いだった。父親がいないのだから、穂波が働かなければならないと理

地獄少女 二籠・第17話

「沈黙のまなざし」 自分の過去のことを思い出している一目蓮。そんなところへ、仕事

アニメ地獄少女二籠(ふたこもり)第十\七話「沈黙のまなざし」

アニメ地獄少女。見ているだけ、見つめてきた一目連の話。過去話から?いやー。殿が敵の首を投げ出した。女のためにかーーー。斬-らーれーるーーー。もっくん、仕事。ターゲットは母親。もっくん、母親の顔を見て、びっくり。11年前、

地獄少女 二籠17話「沈黙のまなざし」

うお!?アリカだ!アリカが地獄少女に出とる!!

地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」

一目連の過去は日本刀だったんですね。彼も輪入道と同様に付喪神だったとは。てっきり骨女みたく元人間かと思ってました。今回のターゲットは11年前に地獄少女と契約した千脇穂波。依頼者は穂波の娘である寧々。

地獄少女的コントvol.17/地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」感想

 骨女と輪入道の過去も明らかになって今回は一目連の過去話です。 おさらいしておくと 輸入道→車輪? 骨女→遊郭の遊女 という感じで二人の過去はまぁ割合判明していたわけでして。 それにこの二人は依頼人と絡む

地獄少女 二籠 17話「沈黙のまなざし」

冒頭の描写で、なんとなく一目連の正体が分かった感じがするけどさ。どうやら一目連は、もとは剣(日本刀)だったみたい。依頼してきた千脇寧々(CV:間宮くるみ)に、赤いワラ人形を渡した、あい。そしてターゲッ

地獄少女 二籠 第十七話 「沈黙のまなざし」

娘が、父を地獄に流した母を地獄に流そうとするお話。母はすでに地獄送り決定してるので、娘まで地獄に行くことないと言って歩道橋から落ちて自殺・・・結局母はすごくいい人で、かわいい顔でしたw一目連が走ったのは母を助

地獄少女 二籠 第17話「沈黙のまなざし」

感想・第17話 今週は一目連の過去話のようです その刀身に写るものは…?

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

[[attached(2)]]今回の依頼人は千脇寧々。流す相手は母親。その母親の穂波は11年前に夫の暴力から娘を守るため地獄少女と契約して夫を地獄に流していた。[[attached(3)]]父方の祖母は穂波が息子を殺したと思っているようで寧々にあることないこといろいろ吹き込んでるようで

地獄少女 二籠 17話

17話「沈黙のまなざし」今回は一目連の正体と過去に触れた話。いつも依頼人の様子を大きな眼でギョロリと観察している一目連。そんな一目連の正体は、100年使われた”刀”が妖怪になった付喪神だった。いつも見ているだ

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

え~!妹ネタじゃないのぉ!!??てっきり人間だったと思ってたよ!刀かよ!べ、べつにそれでもィィけどさぁ。。みっともない嫉妬せずに済んだし、それに・・・連君になら切られたい!!!連くんに殺されるなら本望なのです・・・。家族発言の連くんに、ネネを

地獄少女 二籠(17)

[アニメ 地獄少女 二籠 第十七話 「沈黙のまなざし」]今回は一目連の回。元依頼者がターゲットになるという話でもあり、地獄紋のついた人間の死後を描いた回。地獄送り組は人間界への過度な干渉は禁じられてはいるも

地獄少女 二籠 第17話

『沈黙のまなざし』私は閻魔あい・・・「どうしてオレを誘う・・・?」後ろのハゲをよく見なさい。あんなのと2人きりで、地獄少女やれって言うの?アナタみたいなイケメンが必要なの。・・・探している物があるんでしょ?

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

ババァがうぜぇ。そして、頭悪すぎのガキにマジでブチっときた。いつ、紐が解かれるのか見ていてひやひやしましたよ…。

地獄少女 二籠 第十七話 「沈黙のまなざし」

 ただ、見ているだけ。 いつしか人に失望していた。 やがて人の世を離れ、 そのまま、ただ朽ち逝くはずだった。 そんなとき、 “お嬢” と出会った――。

男は結婚によって女の賢を知り、女は結婚によって男の愚を知る。

>>地獄少女 二籠第17話「沈黙のまなざし」今日のテーマ:自己主張と自己否定、または他人の干渉について。

地獄少女 二籠 第17話 沈黙のまなざし

壮絶な母娘愛。今後娘は一人で生きていくのでしょうね。地獄少女に依頼して死後地獄行きが確定している人間が出てきたのは弐度目でしょうか。母娘二代にわたって地獄少女に依頼しなければならないとは嫌な家系です。しかも極身内を流すために。結果的には、結果....

【地獄少女二籠】怨之拾漆 「沈黙のまなざし」

今週の『地獄少女 二籠』第十七話。

地獄少女 二籠 第17話

いきなり契約シーン。ビックリした。依頼者・寧々のターゲット・・・それはかつての依頼者・寧々の母親だった。真実を知らない寧々は、母親を地獄送りに・・・。だが、真実は・・・。また、今回は一目連の元の姿

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

俺は何も言えない。…ただ見てるだけ――。 見ること―それが一目連の役割。 あいと出会う前も、今もそれには変わりはない。 さまざまな理由で人の命が失われるのを見てきた… 一目連の過去、あいとの出会いが語られます。

地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

俺は何も言えない。…ただ見てるだけ――。 見ること―それが一目連の役割。 あいと出会う前も、今もそれには変わりはない。 さまざまな理由で人の命が失われるのを見てきた… 一目連の過去、あいとの出会いが語られます。

地獄少女二籠 #17

『沈黙のまなざし』

(アニメ感想) 地獄少女 二籠 第17話 「沈黙のまなざし」

地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)少女は、地獄少女と契約を結んだ。ターゲットは、自身の母・・・。しかしその母親と言うのは、かつてあいと契約し、復讐を果たした女だったのだ・・・。

地獄少女 二籠  第17話  「沈黙のまなざし」

日本刀は非常に繊細です。よって、毎日手入れをしていないとすぐに錆びてしまいます。これは日本刀が高純度の鉄であり、表面にフライパンのような、酸化被膜が無いためです。どんな有名な刀匠が拵えた名刀であっても、暴れん坊将軍や今回の一目連のように人を一人でも斬って

地獄少女 二籠 第17話

「沈黙のまなざし」 今回だけ外して、それで済む事なの?

昨夜の地獄少女 二籠 #17

一目連は刀だったー!…ってOPに毎回出てたのにトンと気付きませんでしたねイヤン、私もあんなイケメンに優しく見守られたいわ~誰かアタシを呪ってくんないかしら!えぇえッ!お嬢と出会った時は…ハ、ハダ、裸で……!?なんたるハレンチ!なんて羨ましい!そこもっと詳し

コメントの投稿

非公開コメント

私は無理があるとは思いません

嫌いな嫁の子である以上に、愛し
の息子の子である方がはるかに大
きいと考えればおかしなことでは
ないでしょう。

君の名は

お名前が分からないので挨拶や返答に窮してしまいます。
できれば、どういう経験からそのような意見を持つようになられたのかお教え頂けたらと思います。

貴方の理屈でいけば愛しい息子の嫁なら大切にされて嫁姑の確執は発生しないことになってしまいます。

世の中そうなってないからこそ困った問題になっているのですから。

ことば足らずでした

私事で恐縮ですが、私の母は義兄
とあまりうまくいっていませんが
姪・甥(母にしてみれば孫)は猫
かわいがりしています。
息子の嫁、娘の婿はどこまでいっ
ても他人、しかし、孫は自分と血
がつながっている。この違いが大
きいということでしょうか。

P.S
NAMEのところに入力はしてい
ますがそれでは足りないのでしょ
うか。

ご返答ありがとうございます。

S1さんでよろしいのでしょうか。

どうお読みするのか判断に困るのでお名前の正式の名乗りをおしえていただきたかったのです。

自分のハンドルネームもよくまちがえられるので、わざわざローマ字ルビをふっていいますから。

日本語の名前は名刺だけでは不十分です。本人に会って「読み」を確認しなければ分からないと言うのも、文化といえば文化ですけど。

改めまして、S1です

今までもいくつかよそ様のブログ
に書き込みをしましたが、自己紹
介めいたことはだれもしていなか
ったので、ついついストレートに
書き込んでしまいました。礼を失
したのであればお詫びします。
S1はエスワンでもエスイチでも
好きなように読んでいただいてか
まいません。あまり深く考えずに
作ったハンドルなもので。

夜の奥様激情

一目蓮くんの元ネタは、TV時代劇ですね(番組名忘れた)。
よく切れるが「銘」が無い刀が人々の手に渡り続けながら、刀の視点で人間ドラマを見続ける内容だったそうです。

>地獄送り
突然行方不明になり、遺体もでないものだから、依頼者が殺してどこかに遺棄してると疑われても仕方が無いのかも。
こういうドロドロ劇ってお昼の奥様劇場とか、2サスの匂いもそこはかとなくしますね。

では

コロリと忘れましょう

今まで地獄組が何の為に下調べをしているのか疑問だったのですが、ひょっとしたら地獄送りした後のフォローまでしてくれているのかも知れないですね。

今回の場合、婆さんは失踪するにしても車椅子さえ自分で動かせないのだから、相当無理がありますから。

警察に訴えるべき関係者が婆さんの記憶を失ってしまうとか、別の記憶と擦り替えるとかしないかぎり爺さんと娘が共謀して遺体を遺棄したと疑われるのが当然でしょうから。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。