スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アキバの隣にヨコハマが?!「美少女番組速報」

サブタイトルは猫娘だったけど、ゲストにづっかりセンタースポットを奪われてしまいました。

儚い系のキャラって穿かない系のキャラよりも目立つのですよ。牡の「護ってあげたい」パワーを増幅させるみたいで。

でも、儚い一辺倒ではゲスト止まり、いい思い出の懐かしキャラ止まり。真のヒロインに成るには普段元気いっぱいで、ここぞと云う時に脆さが見え隠れするキャラなんですよね。

は今回つぼみちゃんにしてやられますけど、ちっとも心配してません。
鬼太郎が本気になるのは、もっと危ないキャラだとこの前経験したばかりなので。

公式ホームページ
http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/
http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/kitaro/index.html



人気blogランキングへ

TB一覧
http://attanarukibun.blog74.fc2.com/blog-entry-593.html
http://makkuramori2007.blog116.fc2.com/blog-entry-221.html
http://blog.livedoor.jp/fxnhe622_fxhnx801/archives/51191197.html




妖怪横丁ゲゲゲ節(2)妖怪横丁ゲゲゲ節(2)
(2008/01/09)
スワベジュンイチ

商品詳細を見る
アキバの遊びといったら「メイド喫茶」と「ゲームセンター」しかないのでしょうか?

世界中の人から憧れるためには、食事だとか娯楽施設がもっと充実する必要があるのではないでしょうか。



ねこ娘がコスプレを楽しんでいるように一般人にも門戸を開いて欲しいですね。



などと他人事のように言っていると、どこぞで見たような凸凹コンビが似合わない場所に屯(たむろ)していました。



ねこの股間も怒りで震う。激震の特異点は愛しのダーリン。



「何ですとぉ~~うっ!!」私というものがありながら。他にどんなサービスを望むっていうのよぉ!!



浮気が本気に、遊びがマジに、副業が収入源に。よくある話だモノ。



あっ、少し安心。デブに眼鏡にツンツンタイプは鬼太郎の趣味じゃないもんね。




ここは健全な男女の社交の場…とは、誰も思わないだろうなぁ。



喫茶店は回転率が命ですけど、メイドの愛情のお値段が高くつくのです。



出ました!!今回のメインゲストつぼみちゃん。開花させたがってるのは鬼太郎だけか?


3連続パンです。漫画で言えば4段ブチ抜き扱いでしょう。



いかにも垢抜けしてませんって所が純朴そうで親父好みです。


こういうところで働いているんだから15歳以上なんでしょうけど、外国人が見れば12、3歳に見えるんでしょうね。



目玉親父入り珈琲なんて…。美少女が入れたモノなら硫酸でも飲むだろうな。



肉体が触れ合ったら恋が芽生える。なんてのは幼稚園児でも信用しません。



ゲスト美少女と場外乱闘がお好みなの?



場外では今や遅しと爪を研いでいるお嬢さんが…。



猫娘の本気モードはこんなものじゃありません。慣らし運転ですね。



(先)このオ馬鹿!鴨を逃がしてどうするのヨ!(蕾)でも、あんな子供まで毒牙にかけるなんて。



何と!ねずみ男は、がねっ子萌えだったのか?!巨乳でなくとも大丈夫?




メイドたちの本体は妖怪「古椿」。蕾ちゃんも餌をおびき寄せる為の撒き餌だったんですね。




町内の「いい女」を放っといて、余所に岡釣りに出かける与太郎を折檻すべく手薬煉挽いて待ってます。



このアニメを見て幼稚園児や小学生がメイド喫茶へ行きたがったら何としましょう。

海外にはアルコールの出ない風俗としか捉えられてないかも。というより、絶対そうだと思われています。



アマビエちゃんたら。この前コスプレしてたんだから、これは素っ裸なんでしょうね。




お婆のヌードなんか見たくはないけど、ねこちゃんなら大歓迎!ささ。遠慮せずどうぞ!!




そんな下心を見透かされて、鬼太郎は膝詰め談判されてるんでしょうね。




欲に塗れたオタク相手とはいえ、悪事に手を染めて汚れていく自分に堪えられない蕾ちゃんでした。




オンナの涙についつい絆(ほだ)され鬼太郎旦那は蕾を愛でる。



餌を誘い込むための人生。そんな仇花でも幸せを望んじゃ駄目ですか?



先ずは近場のウィンドショッピング。末広町か日本橋辺りでしょうか。




燃えるレッドは正義の印。泥棒猫とは片腹痛い。これまでも、そして」これからも鬼太郎のベストパートナーは私で決まり。



猫耳レッド参上!とう!!

このコスチュームで都内を闊歩するには勇気が必要です。


どうせだったらプリキュア5をコスれば良かったのに。



都心でこんなゴースト状態になるのは正月以外ありえません。



アマビエちゃんは宙に浮くことは出来ても高速移動は出来ないのか。




男どもは蚊帳の外。お子様に色恋沙汰は刺激が強すぎるとの判断か?




猫娘が殆んど妖怪だ!いえ、人間みたいだ!



末広町、御徒町を経由して上野の不忍池に到着したみたいです。



クレーンゲームの景品をそんなに大切にしてもらえば男冥利に尽きますよ。



ここからが不思議なのですが、上野から一挙にヨコハマにワープしてしまうのです。

この間にラブホか連れ込み宿で「ご休憩」があったのでしょうか?東映の小さい子への配慮が働いたとか。



そんな!!大胆にも女の子と接近できるなんて鬼太郎も与太郎の隅に置けません。



猫娘まるで妖怪です。人間を通り越してます。




ラムに嫉妬するしのぶが憑依してますよ。それじゃ負け組みです。





港の丘なら港が見える。岬の丘って何処の岬かな?




とても蕾ちゃんが16歳以上に見えません。12歳でも無理がありますね。




この植物園は見覚えありません。神奈川地方の方、ご存知でしたら一報を。






このデートコースは誰がコーディネイトしたのやら?




美少女と手を握れるなら妖怪になっても後悔しないのですが。




花が花を愛でるのはナルシズムなのですか?





絶世の美女ではなく、純朴な少女が服を着てメイドしてると言うところがミソなのですね。





プーの鬼太郎がデート代を払ったとも思えないのですが。




クマさんに嫉妬している子は是非とも蕾ちゃんの餌食になってやってく下さい。



この絵だけ見てるとどこが鬼太郎なのか分かりませんね。



誰が呼んだか「レイプ目」と。



手に手をとってあの世行き



もう、戦隊モノというより忍者です。





意地でもパンツは見せません!




私は見たんです。見ましたともキュロットの隙間の肌色を。



ねこちゃん以外は和服なんですね。アマビエちゃんはマッパだけど。



鬼太郎は一回死んでからじゃないと正気に戻らないんじゃ、と思ってしまいます。



レイプから我に返るのもお約束。




またまたまた鬼太郎がいきかえった~^^~~~^^



「危ない!」と言った時にはホントに危ない!





鬼太郎の目前に絶対領域が!!




「お前だけは許さないリスト」に古椿殿が追加された。




この技は「双天衝」じゃアルマイカ




主人公の身代わりになったゲストキャラは殆んど忘れ去られる運命に。





こんなおっっきいのが身体の中に…







「遅かった!」鬼太郎は浮気の真っ最中だ。






流石は16歳以上設定。あたしだったらNG画像になっちゃう。



古椿と蕾は身体の一部なのだから本体倒してしまえば二度と蕾ちゃんに会えないところだったんじゃ?




私は身代わりなんかにならないんだから…




(猫)鬼太郎。浮気は今回も見逃してあげるわ。(鬼)生命の洗濯は命がけだ



nekosnap46-75.jpg





nekosnap46-76.jpg



nekosnap46-77.jpg



nekosnap46-78.jpg



nekosnap46-79.jpg




nekosnap46-81.jpg

テーマ : ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ダメ!殺せないわ

味噌っかすの敵キャラが主人公にほだされて、仲間を裏切ってしまうパターンは、5期では、百々目鬼ちゃんの回でやってますので、別の味付けで猫娘たち妖怪横丁の女の子チームが加わっての大活躍でした。
ちょうどアマビエちゃんが加わって5人チームになりましたモンね。
横丁戦隊バケレンジャーとして活躍して欲しいところです。

それはさて置き

まあ、メイド喫茶に入る件の下敷は落語の「明烏」でしょう。
少々身持ちが硬い鬼太郎を心配して、目玉オヤジもねずみ男と一緒になってけしかけて居るんでしょうね。

あっちの「墓場」鬼太郎と大違いです。
あっちは、寝子ちゃんに一目惚れして、相思相愛だだったのに悲恋の物語となっちゃったし。

果たして、鬼太郎が猫娘の想いに気付くのは何時の日なんでしょうね?

では

主人公特権で

出てくるゲスト美少女を片っ端から食い物にするジゴロ鬼太郎。そんなのがゴールデンタイムにお子様方のヒーローになれるわけありません。

同性からは反感を、異性からは批難指弾の嵐でしょう。

光源氏やキムタク、ヨン様なら許せてもイケメンじゃない鬼太郎だと身分違いだと肩身の狭い思いをしなくちゃならんみたいです。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。