Anime in my life 1号店 乃木坂春香の憂鬱「乃木坂春香の秘密」

乃木坂春香の憂鬱「乃木坂春香の秘密」

男の子の着せ替え遊びですか
前回の修羅場を受けて、どんな愛憎劇が繰り広げられるかと期待した人には拍子抜けのように感じられるでしょう。

そんな筈は無い。女というのは嫉妬深くて、感情的で、理屈が通らなくて、聞き分けが無くて、一度機嫌を損ねると宥めるのが大変で、男の都合なんか考えてもくれない生き物だ。
と、多くの民族が信じて疑わない筈です。

ところが、箱入り娘で、大和撫子、性に対する関心は幼稚園児並みの春香お嬢様にはそんな公式は通じません。泥棒猫を成敗するとか、手癖足癖癖の悪い飼い犬を折檻するとかの前に「今見たことは無かったことにしよう」と、敵前逃亡して深い海の奥深く貝を閉ざして沈み込むのです。

浅墓な男ならば、「ああ、誤解を解いて赦してくれたんだ」と、都合のいい様に解釈するでしょうが、そんな訳はありません。喚きもせず取り乱しもしない分、裏に隠れた感情はどれ程激しく渦巻いていることか。神経の細い男だったらオシッコを洩らしてトイレに閉じ籠もりきりになってしまうほどの恐怖を感じることでしょう。

中古には「後妻討ち(うわなりうち)」といって、先妻が一族郎党かき集めて後妻宅へ意趣返しをするという習慣がありました。古女房にとって、容色の衰えた自分より若妻の方に亭主の愛情が移るのは仕方ないことと理屈では分かっていても、自分の愛情の深さを顕示しないことには女としてのプライドが許さない。一種の通過儀礼ですが、そんなことで男女関係が丸く納まるなら少々の乱暴はじっと我慢の亭主と後妻なのでありました。

お察しの通り、これは通い婚の伝統が続いていた頃の風俗であって、婿取りが嫁取りより劣勢に成るにつれ姿を消していきました。気性の激しい国だったら血で血を洗う殺戮劇になるところでしょうが、流石は「和の国日本」です。先妻側も後妻側も互いに程度を心得ていて、遺恨を残さない程度に加減をするという知恵が働いていたようです。

日本人は元来裁判沙汰が大嫌いで、当事者同士が納得すればお上もそれには口を出さないというのが伝統姿勢です。
昨今の殺伐とした男女関係家族関係が、終局的には刃傷沙汰流血沙汰に帰結していくのを見るにつれ、現代はなんんと「SCHOOL DAYS」の世界になってしまったものかと、嘆かずにはいられません。


公式ホームページ
「乃木坂春香の秘密」

WEBラジオ
「麻衣ふぇあ!れいでぃお!」


FC2 Blog Ranking


TB一覧
http://hiroy.blog49.fc2.com/blog-entry-1139.html
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1420
http://tatibanaasuka.blog39.fc2.com/blog-entry-274.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-413.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-2198.html
http://hinaxnagi.blog31.fc2.com/blog-entry-445.html
http://index233.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html
http://maguni.com/diary.cgi?no=473
http://okimamoton.sblo.jp/article/19219104.html
http://hazimarinokeikoku.blog62.fc2.com/blog-entry-221.html
http://pinpan7.blog94.fc2.com/blog-entry-21.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200809120004/
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51054066.html
http://ririppi.blog32.fc2.com/blog-entry-556.html
http://ameblo.jp/norarin-house/entry-10138456136.html
http://blog.goo.ne.jp/satoshiakira1019/e/ea7a8b74d2a86a0b9942f5f92fd7c39d
http://www.mypress.jp/v2_writers/firstsnow/story/?story_id=1768635
http://mutekidesutekina.blog52.fc2.com/blog-entry-814.html
http://aruniramu.blog37.fc2.com/blog-entry-290.html
http://blog.goo.ne.jp/yatamega/e/86df9efa672c09892c129d354a7528e6
http://emilion.seesaa.net/article/106424079.html
http://lapislazurirose.blog69.fc2.com/blog-entry-478.html
http://blog.goo.ne.jp/gurimoe/e/6c0b2911a9c92155f40dee7f6af823f7
http://mugi4ishida.blog71.fc2.com/blog-entry-1310.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-446.html
http://syuka.cocolog-nifty.com/syukadiary/2008/09/post-6f25.html
http://blog.crosschannel.jp/Entry/1338/
http://kaleidoscopez.blog80.fc2.com/blog-entry-524.html
http://blog.goo.ne.jp/brogalaxy/e/cae985a38fc07fa7ea66c063abb7ac48
http://blog-paprika-kfc.livedoor.biz/archives/51492749.html
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2008/09/post-cff0.html
http://project017.blog121.fc2.com/blog-entry-559.html
http://utty0.blog.so-net.ne.jp/2008-09-14-1
http://kingear.blog17.fc2.com/blog-entry-1806.html
http://hosey.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/10-cdde.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51118621.html
http://iitokodrip.blog118.fc2.com/blog-entry-239.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-2642.html
http://nekoko.at.webry.info/200809/article_13.html
http://monogusajiro.blog123.fc2.com/blog-entry-324.html
http://poninchu.blog104.fc2.com/blog-entry-301.html
http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/blog-entry-1027.html
http://nekonii.blog3.fc2.com/blog-entry-1769.html
http://udukikanata.blog44.fc2.com/blog-entry-26.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-1071.html
http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/blog-entry-160.html
http://dengekijap2.blog102.fc2.com/blog-entry-1189.html
http://chavez.blog70.fc2.com/blog-entry-1230.html
http://blog.livedoor.jp/deo913ogstxd/archives/55137615.html
http://asakuranemu1228.blog27.fc2.com/blog-entry-1187.html



乃木坂春香の秘密 乃木坂春香 ピンクVer. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)乃木坂春香の秘密 乃木坂春香 ピンクVer. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
(2008/09/25)
不明

商品詳細を見る
パンツを三度もみせてれば腰を入れても取り乱さないものなんですね
時間は前回のラスト前に戻って、事件の真相を説明するのですが、余りにお手軽な脚本に開いた口が塞がりません。ここまで「お約束」をなぞってくれるサービス精神に賛辞をおくりましょう。

決して「押し倒すより落ちてくるモノを払い飛ばしたほうが楽だろう」とか、「百歩譲って押し倒したとしてもを揉んだりを入れる必要はないだろう」とか、「下になった女が咄嗟に払い除けないのは下心ミエミエだろう」とか、ツッコミを入れてはなりません。

そんな野暮なことを言う人には、この後の甘ったる過ぎる愁嘆場を楽しむ境地には無縁ですから。



春香さん後片付けは?
後で葉月さんが一部始終を目撃していたことが判明するのですが、当人同士はそんなことに気を回す余裕もありません。


顔で笑って心で泣いて
なんて薄情な女なんだろう!とか、その程度の関係だったのか!とか、取り沙汰されそうな落ち着き振りです。小心繊細なユウトは混乱するばかりですね。



乳見せすぎ
裕福なお金持ち子女が集う私立学校にしては文化祭で風俗喫茶を営業することに何の障害もなかったのでしょうか。

もっとも副主任の教師自体が淫乱放恣な生活態度に何の掣肘も無いみたいですから、「SCHOOL DAYS」みたいな惨劇が起きない限りは、触らぬ神と頬っ被りをしているのかも。


高校生は中学生より経験値が高いとはいえ
おっぱい喫茶に異論は無いのですが貧の生徒を裏方に回したのでは、より多くのニーズに応えられないでしょう。



メイドひきつれたお嬢様に誰も反応しない
美夏ちゃんが学友を連れてこないのは、ユウトに唾を付けられると困るからなのかも。



これを買うオタクたちは幸いである
体操服にブルマまで、どこまで懇切丁寧なのか。


水着審査があれば完璧なのに
どんな審査基準で、どんな採点方法なのか全く不明です。先生たちのお気に入り?


この辺りの感情の起伏は
原作ノベルは微に入り細に入り濃密な表現で春香様の心情を表現していることでしょう。
しかし、アニメでは絵で見せることしか出来ませんから、饒舌なナレーションや解説を省くことに拠り、二人の感情の絡み合いを実に明快に表現していると思います。


さっさと恋人宣言すればいいものを
惨劇のフォークダンスとはならなかったみたいです。重畳重畳。



なんとももどかしい
ハグしただけでキッスもそれ以上も無しなんて。少女漫画では考えられません。
春香がアニメオタクでよかったですね。


仁義をきっているようにしか
「お控えなすって」かと思いました。今回は「お手」をしてくれなかったですね。

テーマ : 乃木坂春香の秘密
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乃木坂春香の秘密 第10話

第10話『一緒に、いたいです…』乃木坂春香の秘密I (初回限定版)今回は、学校祭当日の話。

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

裏腹な態度と気持ち。

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」

教室の床で裕人が椎菜ちゃんの乳を揉んでる…いや、床で縺れ合ってるのを春香ちゃんが発見してしまう、先週の続きからスタートです。結局、...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

どちらにも現状を打破しようという意志と行動が無いので、あっちへフラフラこっちへフラフラ。 30分間ずーっとグダグダな二人を見させられて、げんなりです。 ラストをフォークダンスで締めるのなら、コスプレ喫茶やミスコンなどドラマにかすりもしないシチュなんか...

乃木坂春香の秘密 10話「一緒に、いたいです…」【感想】

「春香が嫌だというまでは春香のそばを離れるつもりはない、だって、俺は春香と一緒にいたいから」 と春香に言った裕人。二人を知ってる人か...

私書箱

池袋の私書箱の紹介です

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

裕人を避ける春香って話でした。

乃木坂春香の秘密#10

ツッこんだら負け?な第10話「一緒に、いたいです」?

乃木坂春香の秘密 第10話。

『乃木坂春香の秘密』 今週のお話は、第10話 『一緒に、いたいです…』。 ストーリーは…。 学園祭前日。準備に追われる裕人と椎菜は思わぬ...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

第10話「一緒に、いたいです…」 それは、「恋」です

Navigation287 一緒に、いたいです・・・ 乃木坂春香の秘密

椎名・・俺もう・・・ 第十話 一緒に、いたいです・・・

乃木坂春香の秘密第10話『一緒に、いたいです…』の感想レビュー

『…裕人様に1つだけ、お伝えしたいことがあります。春香様への向き合い方についてです。…何を置いても、全てに先んじて春香様の事を優先して下さい、とまでは言いません。ですが…“選ぶべき時”だけは間違わないで下さい。』m(_ _)m 文化祭前日のアクシデントをきっ

アニメ視聴記録:乃木坂春香の秘密 第10話『一緒に、いたいです・・・』

王道が王道たる所以、と言うか何と言うか。

乃木坂春香の秘密 第10話 喫茶ルノアールのココアよりも甘いわ!

■第10話 一緒に、いたいです・・・ 毎回、喫茶ルノアールのココアよりも甘い展開でお送りするこの物語。 前回はベタベタな勘違いオチによ...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

シリーズ冒頭で春香がオタクバレを恐れたのはクラスメイトたちに対してではなく、父親だけだったんじゃないかと思いたくなるほど、学園祭ではメイド喫茶やミスコンなどオタク趣味な催し物満載で、男子も女子もノリノリな「乃木坂春香の秘密」第10話。 そういえばコミケカ...

乃木坂春香の秘密 第10話・『一緒に、いたいです…』を観て寸評

 …何だか釈然としない気分なのは…気のせいじゃないよね?

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」

天宮椎菜を押し倒したところを乃木坂春香に見られた裕人、一生の不覚。

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

TVアニメーション 乃木坂春香の秘密公式サイト 天宮椎菜と裕人とのいけないシーンを目撃してしまった春香。 差し入れのクッキーを落とした後の言動がいかんとも可愛い…。 普通、走って逃げたり、男子が追いかけて来ても怒ってみせたりなパターンが多い中、逃げ出して...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

「わー、ぐだぐだ。ここまでぐだぐだになっちゃうくらい、二人が初心というかヘタレっていうのは、これまで描かれてきた二人の人となりを思...

乃木坂春香の秘密 第10話

第10話「一緒に、いたいです…」ガッツリ行ってますね~少年。原因は看板の落下という案の定ありえないベタな事故だったわけですが…。

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」

PRIDEの立木ナレーションっぽいものが予告できてくそ吹いたwww なんと言う立木の無駄使いww 今迄の予告で1番面白かったです

乃木坂春香の秘密 10話 感想

主人公の態度がイライラする10話感想です。 裕人がだらしなすぎる。 説明するにももっと言葉があるだろうに。 表面上普通の春香に避け...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

裕人が椎菜にマウントポジションを(違) それはアクシデントで庇ってのことでしたが…。 見たショックで逃げ出した春香を追った裕人ですが...

乃木坂春香の秘密 第11話 「一緒に、いたいです・・・」

ベッタベタな勘違いエピソードの今週はあんまり期待してないんだけど。やっぱり落下してくる絵から椎菜を助けようと飛び掛ったところを春香...

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです…」

なーるほど、そういうわけだったんですね。 春香タイミング悪すぎ~ 前回の問題のシーンの回収から。 メニューの看板が落ちてきて、裕人が椎菜をかばったと。 …チチモロつかみはまずかったよなー 裕人に春香をすぐに追わせた椎菜はよい子。 だけど裕人を狙っては...

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです…」

ニヤニヤからイライラへと変わる瞬間。

第10話「一緒に、いたいです…」 乃木坂春香の秘密 [TVA]

本当に今回最終回だった。 お互いに改めてプロポーズし合って、無事に大円団を迎えました。 椎菜があまりにあっさりしすぎな気もするけど、...

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです・・・」

2人は試練を乗り越えました

乃木坂春香の秘密 第10話 「一緒に、いたいです・・・」

2人は試練を乗り越えました

乃木坂春香の秘密 第10話「一緒に、いたいです・・・」

博士「立木さんナレだけはガチ!」 助手「本編は?」

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


以前、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」という企画に参加していただきありがとうございました。今回もまた企画いたしましたので少し宣伝させてください。


前回同様に今期終了アニメを評価しようという企画でございます。ブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51093095.html


宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
プロフィール

維摩(yuima)

  • Author:維摩(yuima)
  • Anime in my life 1号店へようこそ。
    Anime in my life 1号店ではアニメ、マンガ、ゲーム、フィギュアの最新の話題を。
    Anime in my life 本店では管理人=維摩(yuima)の趣味に基づいた意見を主体にしています。
    Absolute Princessでは古今東西のお姫様王女様に対する考察を披露させていただいています。
    Anime in my life 2でアニメ・マンガに関係する故事・成句の薀蓄を披露させていただきます。
    いずれにお越しの方も訪問なされた方は維摩(yuima)に一声かけて頂ければ幸せです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク